産総研トップへ

イベント

2018/04/02

開催期間:2018/4/17~8/19
地質標本館 2018年度 春の特別展
「関東平野と筑波山 -関東平野の深い地質のお話-」

関連領域:地質調査総合センターアイコン

産総研:主催

好評につき、会期延長しました!

西の富士・東の筑波と並び称される筑波山とは、いったい何ものなのか?筑波山はなぜあんなにも目立つのでしょう?二つの峰を持つ独特の形以外にも秘密があります。

7月21日(土)には、特別展に関連した講演会を地質標本館にて行います。

開催概要
日時 2018年4月17日 火曜日 ~ 8月19日 日曜日
会場 地質標本館 1階ホール
〒305-8567 茨城県つくば市東1-1-1
時間 9時30分~16時30分
休館日 毎週月曜日(休日の場合は翌平日)
主催 産業技術総合研究所 地質調査総合センター
協力 土浦市上高津貝塚ふるさと歴史の広場
後援 つくば市、筑波山地域ジオパーク協議会
入場料 無料
問い合わせ先 地質標本館
〒305-8567 茨城県つくば市東1-1-1
電話:029-861-3750、3754
その他詳細情報 地質標本館 2018年度 春の特別展
「関東平野と筑波山 -関東平野の深い地質のお話-」
https://www.gsj.jp/Muse/exhibition/archives/2018/2018_spring.html

関連イベント 一般公開特別講演会

日時 2018年7月21日 土曜日 14時00分 ~ 16時00分(開場:13時30分)
会場 地質標本館 1階 映像室
〒305-8567 茨城県つくば市東1-1-1
定員 各回60名 (当日先着順)
講演 1 14時00分~ 「縄文時代の霞ヶ浦周辺の環境と貝塚」
講演者: 一木 絵理(上高津貝塚ふるさと歴史の広場)
講演 2 15時00分~ 「関東平野を作り上げた川と海」
講演者: 中島 礼(産総研 地質情報研究部門)

一般参加型企画「わたしの街から見える筑波山」

たくさんの筑波山写真のご応募ありがとうございました。募集を締め切りました。

関東圏内から撮影された合計114件の筑波山の写真が集まりました。季節や見える角度の違いから、筑波山は本当にいろんな表情を見せてくれることがわかりました。特別展の期間中ずっと展示しています。是非ご来館いただき、たくさんの筑波山をお楽しみください。ご応募本当にありがとうございました。

筑波山はつくば市周辺だけでなく、関東平野のどこからでもその特徴的な双峰を見つけることができます。地質標本館では、いろんな場所から見えた筑波山の風景写真を募集します。

あなたしか知らない、あなたの町でしか見られない筑波山を紹介してください。

応募作品は、地質標本館春の特別展「関東平野と筑波山―関東平野の深い地質のお話―」において展示させていただきます。応募数が多い場合、1作品の印刷サイズが小さくなります。事前にご了解ください。


応募締切 2018年5月30日 水曜日
応募方法 以下1・2どちらかの方法でご応募ください。
  1. 写真をメール添付で送付
    写真をメール添付で下記のアドレスにお送りください。
    写真のファイルサイズは3MB以内としてください。
    GSJ_tsukuba_photo-ml(a)aist.go.jp ※(a)を@に置き換えてください。
  2. Twitterでつぶやく
    ハッシュタグ「#わたしの街の筑波山」をつけて写真を投稿してください。
    ハッシュタグの前後には半角スペースを入れてください。
応募にあたってのご注意 <必須記載事項>
  1. 撮影者名(ハンドルネーム、アカウント名でも可)
  2. 撮影場所(市町村や地名)

<任意記載事項>
  1. 撮影日(年月日)
  2. 写真タイトル
  3. コメント
関連リンク 5月10日は地質の日
国立研究開発法人産業技術総合研究所