産総研トップへ

ニュース

2018/08/08

開催期間:2018/8/21~11/18
地質標本館 2018年度 特別展
「地球の時間、ヒトの時間 —アト秒から46億年まで35桁の物語—」

関連領域:地質調査総合センターアイコン

産総研:主催

地球の年齢(約46億年=約1.45×1017秒)、恐竜の絶滅(約6550万年前)など地質学的な長い時間は、どうやって測るのでしょう?一方、一秒の長さは誰がどうやって決めるのでしょう?それを決めるために人類が作った最も高精度な時計の精度は10-18秒(アト秒)に達しようとしています。35桁の幅がある時間のお話を、一緒に紐解いてみましょう。

開催概要
会期 2018年8月21日 火曜日 ~ 11月18日 日曜日
会場 地質標本館 1階ホール
〒305-8567 茨城県つくば市東1-1-1 第七事業所
時間 9時30分~16時30分
休館日 毎週月曜日(休日の場合は翌平日)
主催 産業技術総合研究所 地質調査総合センター
協力 東京大学大気海洋研究所
立命館大学古気候学研究センター
株式会社パレオ・ラボ
株式会社京都フィッション・トラック
産総研計量標準総合センター
若狭三方縄文博物館
入場料 無料
問い合わせ先 地質標本館
〒305-8567 茨城県つくば市東1-1-1 第七事業所
電話:029-861-3750、3754
その他詳細情報 地質標本館 2018年度 特別展
「地球の時間、ヒトの時間 —アト秒から46億年まで35桁の物語—」
https://www.gsj.jp/Muse/exhibition/archives/2018/2018_summer.html

国立研究開発法人産業技術総合研究所