産総研トップへ

産学官連携コーディネート

東北センターでは以下の者がイノベーションコーディネータとして皆様のご要望にお応えいたします。
お気軽にお問い合わせください。
  • 企業や大学と産総研との連携プロジェクト (共同研究や受託研究、協力協定)の企画・調整・立案
  • 企業等のニーズと産総研の有する技術のマッチング
  • 産総研における研究成果の把握・掘り起こし・権利化の支援 (知的財産部門と協力)
  • 産総研の有する知的財産権の民間への移転・事業化の支援

東北センターお問い合わせ

上席イノベーションコーディネータ

南條 弘(なんじょう ひろし)の写真

南條 弘(なんじょう ひろし)

専門分野

  • 表面処理・加工・観測
  • 粘土膜
  • グラフェン
  • 高温高圧流体
  • イオン液体膜
  • マイクロ波
  • ゼオライト
  • 酵素
  • 銅インク
  • VOC代替
  • CO2塗装
  • 貴金属触媒
  • CNT
  • 病理画像
  • 静電気
  • 車椅子
  • 生活支援ロボット
詳細情報

プロフィール

1986工業技術院入所 NATURE320,1986,516 
2001産業技術総合研究所基礎素材研究部門研究グループ長 
2010イノベーション推進本部連携主幹 
2011イノベーションコーディネータ JECS158,2011,C379
2014東北センター所長代理 
   材料・化学領域研究企画室付兼務、
   技術研究組合TASCグラフェン事業部リサーチマネージャー
 

学位等

  • 工学博士

コメント

技術的に困ったことがあったら、何でもご相談。研究・管理関連部門、大学、企業、官庁、公設試のネットワークを活用して最適解を探し出します。

お問合せ等

E-mail:hi-nanjo*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
個人HP:(J-GLOBAL)
Web:『産総研Today』
研究者だからできるプロジェクトマネージャーを目指して [ PDF:885KB ]

イノベーションコーディネータ

池上 敬一(いけがみ けいいち)の写真

池上 敬一(いけがみ けいいち)

専門分野

  • 材料・化学
  • 表面・界面
  • 評価解析
詳細情報

プロフィール

1985年理学系研究科物理学専門課程修士課程修了、同年電子技術総合研究所入所、1995年フランスCNRSポールパスカル研究所(1年間)、1999年電子技術総合研究所企画室長補佐(1年間)、2005年経済産業省研究開発課研究開発調査官(2年間)、2010年ナノシステム研究部門副研究部門長(5年間)、2015年から現職。

学位等

  • 博士(理学)

コメント

大学院では高ドープSiの超低温における金属絶縁体転移という基礎物理学の研究をしていましたが、電子技術総合研究所(当時)に入所後は大きく方向性を変え、化学技術研究所(当時)の方々と共同で界面活性剤を用いた機能性有機薄膜の研究に従事してきました。また、経済産業省出向時には、ナノテクノロジープログラム、部材プログラム、化学物質管理プログラム(プログラムは複数のプロジェクトを束ねたもの)の担当として数多くの国家プロジェクトの立案や運営に関与するとともに、NEDO若手グラントの担当としてITやライフサイエンス分野を含む様々な研究に接する機会を得ました。これらの経験を活かして、企業様のコア技術と産総研のシーズとの異分野「新結合」による新規事業の創出に貢献して参りたいと考えています。

お問合せ等

Tel:029-861-5545
E-mail:k.ikegami*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
個人HP:https://staff.aist.go.jp/k.ikegami/

▲ ページトップへ

国立研究開発法人産業技術総合研究所