本文へ

English

 
SCIENCE SQUARE TSUKUBA サイエンス・スクエア つくば

魚の鮮度を保ち、速やかに冷却「海水シャーベット氷」

「魚の鮮度を保ち、速やかに冷却「海水シャーベット氷」」の紹介写真

安全でおいしい魚を家庭の食卓に届けるために、産総研と株式会社ニッコーは、漁業の現場、船上での工夫に目を向けました。
捕った魚を新鮮なまま保管するには大量の氷が必要です。
しかし氷を積んで出かければ、積み荷は増え、燃料費もかさみます。
そこで、船上で海水からシャーベット状の氷を素早く大量につくれる機械を開発しました。

水揚げした魚は、暴れると傷つき、肉質が落ちます。
それを防ぐためには、水揚げ後一気に冷却処置し、その後適正な温度で管理することが重要です。
大量の氷で冷やすことが具体的な方法ですが、氷がシャーベット状である方が、魚が傷つかず、鮮度も高く保持することができます。
また、魚を冷やす氷をあらかじめ積みこんでおくことは時間と労力が必要になるだけでなく、船の燃料も余計に消費することになります。
産総研と株式会社ニッコーは、“船上で海水からシャーベット状の氷をつくる”製氷機を開発しました。
海水からつくったシャーベット氷は、これまでの砕氷と比べると、魚の鮮度を保ちつつ、速やかに氷点下まで冷却できることがわかりました。
この製氷機はすでに商品化され、北の海などの漁業の現場で、活用されています。


▲ ページトップへ