本文へ

English

 

人間とカニくらい違う?

地球上に棲んでいる細菌の99%が正体不明!

人間が知っている細菌は、わずか1%にも満たない

 細菌(バクテリア)は、地球上のいたるところに分布しています。土の中や、海中、空気中、人間の口の中や腸の中にいたるまで、ウヨウヨしているのです。小さな生物ですから肉眼では見ることができませんが、顕微鏡を覗けば、どんな場所でも細菌を見つけることができるでしょう。

 大豆を納豆にしてくれる納豆菌や、おなかに優しいビフィズス菌、乳酸菌、少し前に話題になったO-157(大腸菌の一種)や、食中毒を引き起こすボツリヌス菌など、現在までに発見され、その形や性質が明らかにされている細菌は、およそ6000種におよびます。

 6000種というのは膨大な数ですが、それでも、地球上に生息するすべての細菌を発見しつくしたわけではありません。それどころか、人類が理解している細菌は、全細菌の1%にも満たないと考えられているのです。つまり、地球上の細菌のうち、99%以上が正体不明のものだということです。

 コップ1杯の海水の中にさえ、数え切れないほどの未知の細菌が生きているのです。

図

廃水処理システムで発見した、新しい「門」の細菌

 廃水処理システムでは、活性汚泥という細菌の塊を使って廃水中の汚濁物質を分解しています。

 この活性汚泥の中から発見されたのが、「ジェマティモナス オーランティアカ」という細菌です。この細菌は、すでに知られたどんな細菌とも異なる、新しい「門」の標準菌として提案され、ICSP(原核生物の分類に関する国際会議)によって認定されました。

 見た目に関して言えば、この細菌は他の細菌とさほど変わりません。細菌はきわめて単純な生物ですから、人間やカニのような多細胞生物と違い、形状のバリエーションは限られているのです。

 異なっていたのは、DNAです。

 地球上のすべての生物が、それぞれDNAを持っています。このDNAの違いが、個体の違い、種の違い、門の違いになるわけです。つまり、DNAを調べれば、生物の系統関係が明らかになるということです。

 リボソームと呼ばれる細胞内小器官に含まれる「16S rRNA」という遺伝子配列は、すべての生物に存在しています。また、「16S rRNA」は、きわめてゆっくりと進化するため、全生物の類縁関係や系統進化距離(枝分かれした時期の古さ)を推定するのに広く用いられています。

 「ジェマティモナス オーランティアカ」が、他のどの細菌類とも近い関係にないことがわかったのは、この「16S rRNA」が、約20%も違っていたためでした。他の細菌と枝分かれしたのは、今から20億年以上も前と推定されています。

「ジェマティモナスオーランティアカ」の電子顕微鏡写真1

「ジェマティモナスオーランティアカ」の電子顕微鏡写真(棒の長さは1/1000mm)

ジェマティモナス オーランティアカ」の電子顕微鏡写真2

「ジェマティモナス オーランティアカ」の電子顕微鏡写真(棒の長さは0.5/1000mm)

「自分に研究する能力があるかどうかを確かめるために研究を続けてきたら、いつのまにか研究者になっていました」と語る、花田博士。

「プロ野球選手や政治家と違って、博士になら誰にだってなれますよ(笑)」それはどうかと思いますが。

花田博士の写真

前のページへ 次のページへ

▲ ページトップへ