本文へ

English

 

「日本沈没」から生まれた研究者!?

地下水は地震の情報屋!?

地下水と地震

 1973年、つまり昭和48年は日本がいわゆる“オイルショック”に見舞われた年です。“オイルショック”とは、第4次中東戦争勃発がもたらした石油価格の高騰が経済界に与えた打撃のことで、どこからともなくトイレットペーパーがなくなるという噂が広まり、日本中のスーパーマーケットにトイレットペーパーを買い求める長蛇の列ができました。

 ただでさえパニック状態になっているその年、日本はもう一つのショックに見舞われました。そのショックの震源となったのが、小松左京氏のSF小説『日本沈没』です。

 日本列島周辺で大規模な地殻変動が生じ、続発する大地震等によって日本列島そのものが海の底に沈むという『日本沈没』は、緻密なデータに裏付けされたリアルな描写でベストセラーとなり、さらに映画化までされました。『日本沈没』はもちろん創作です。とは言え、もしかしたら現実のことになるのでは…、と不安になった人たちも大勢いました。

 でも、『日本沈没』は不安だけをもたらしたわけではありませんでした。実は、あまり(ほとんど?)知られていないことですが、この小説が未来の地震研究者たちを生み出すきっかけにもなりました。

 『日本沈没』を読んだり見たりした当時の日本人の中に、「地震の災害からなんとか日本人、いや人類を守ることはできないのだろうか」と考える、正義感あふれる少年たちがいたのです。

 その少年たちの一人は現在、産業技術総合研究所(産総研)の地球科学情報研究部門で地震の研究を行っています。その研究テーマは「地下水と地震」、つまり地下水の異常と地震の相関関係を調べ、地震の予知に役立てていく研究です。その研究者は水道屋ならぬ“地震地下水屋”を自称しています。さて、“地震地下水屋”はどんな研究しているのか、見ていくことにしましょう。

イメージ写真
次のページへ

▲ ページトップへ