本文へ

English

 

モバイル端末が、押す・引っぱる・浮き上がる?

人間の錯覚を利用して力覚を伝える、画期的なインターフェース!

触力感覚インターフェース『ジャイロ キューブ センサス』

 ディズニーランドやユニバーサル・スタジオといったテーマ・パークの3D映像。スクリーンから飛び出して目の前に浮かびあがった映像に、思わず触ろうとしたことはありませんか?

 もちろんそこには何もないのですが、目の前にあれば、触ってみたくなるのが人情というものでしょう。

 それを可能にしようとしているのが、産業技術総合研究所(産総研)の中村さん。

 中村さんが開発した触力感覚提示インターフェース『ジャイロ キューブ センサス』は、「触ることができるバーチャル・リアリティ」に向けた、大きな一歩です。

 ただ手に持っているだけなのに、押されたり、引っぱられたりする。それどころか、重くなったり、軽くなったりもする。「ありえない!」と思わず口走ってしまうほど不思議なインターフェースなのです。

 それでは、『ジャイロ キューブ センサス』の仕組みや、大きな可能性を、くわしく紹介していきましょう。

イメージ写真
次のページへ

▲ ページトップへ