本文へ

English

 

究極のディスプレイ?

自分で発電しながら光る、画期的なディスプレイ!

有機EL

 薄型テレビが売れています。電気店のテレビ売場を覗いてみると、目立ったところに陳列されているのは、薄型のテレビばかり。ブラウン管のテレビを探すのが大変なくらい、急速に普及してます。

 現在、一般に売られている薄型テレビに使われているフラット・ディスプレイには、2種類あります。ひとつはポピュラーな液晶ディスプレイ(LCD)。もうひとつ、プラズマ・ディスプレイ(PDP)というものもあります。

 液晶ディスプレイの仕組みは、バックライトの前に画素を並べたものです。画素は色のついたフィルターのようになっていて、液晶を用いてバックライトの光を透過させたり遮ったりしながら、画像を表示します。消費電力は、ブラウン管に比べればはるかに低いのですが、バックライトの光はつきっぱなしですから、無駄が発生しています。斜め横から見ると画面がきれいに見えないというのも欠点でしょう。

 プラズマ・ディスプレイでは、画素が自分で光ります。バックライトがないので無駄がなく、どの角度から見てもきれいな画像が楽しめます。しかし、画素を光らせるためには高い電圧をかけてやらなければならないため、液晶に比べると消費電力が大きいのが欠点です。

 最近では、電界発光(エレクトロ・ルミネッセンス:EL)を使ったディスプレイが出始めています。ELには、ZnS(硫化亜鉛)などの無機材料を使ったものと、有機材料を使ったものがあります。これらは、自分で光り、なおかつそれほど高い電圧は必要ありません。

 産業技術総合研究所(産総研)の八瀬博士らが開発した「明順応発光素子」は、有機材料を使った有機EL。これは、消費電力がきわめて低く、コストが安く、画像は高精細で、しかも応用範囲が広い、という画期的な有機ELディスプレイの実現につながるものです。

図
次のページへ

▲ ページトップへ