本文へ

English

 

デジタル守護霊!?

超能力者に変身!?

ビズウエア

 ものすごく忙しいときに、「あーあ、もう一人自分がいたらなあ」と思ったことはありませんか? そんなことは一度もないですって!? それは、あなたの能力が人一倍優れているか、よほど暇なのか…。

 そのような方には縁がないかもしれませんが、もう一人の自分が近くにいて、いろいろ助けてくれるとしたらとても助かるとは思いませんか? 例えばあなたが物忘れをした時に、誰にも気づかれずに教えてくれるとか…。それって守護霊じゃないかって? 違います! 違いますが、しいて言えば、デジタル守護霊といったところでしょうか?

 さて、そのデジタル守護霊ですが、どこにいるかというと、ご主人様の体にピッタリと密着しているのです。例えば頭とか、耳とか、腕とか…。で、何をしてくれるのかというと、ご主人様が見ている場所にはない情報を教えてくれたり、ご主人様が忘れてしまったことを思い出させてくれるのです。

 それでは、このデジタル守護霊に取り付かれた、ある会社員A氏の朝をのぞいてみましょう…。

 朝7時、目覚まし時計で目を覚ますA氏。顔を洗ってメガネをかけ、壁のカレンダーを見ます。そこには何も書き込まれてはいません。それでも、その日の予定を確認したかのようにA氏はうなずきます。 次に新聞のスポーツ欄に目を通します。日本時間の明け方近くに終わったサッカーの海外遠征試合の結果は、朝刊には間に合わなかったようです。「フーン、引き分けか」、ポツリとつぶやくA氏。新聞記事には前半の結果しか出ていません!?

 まるでA氏は超能力者のようです。昔の言葉で言えば、千里眼でしょうか。でもそうではありません。デジタル守護霊のおかげなのです。その守護霊の正体、さっそくのぞいてみましょう。

イメージ写真

ビズウェアの研究は、経産省RWCプロジェクトおよび文科省科学技術振興調整費の支援により行われている(2001年度)。

次のページへ

▲ ページトップへ

国立研究開発法人産業技術総合研究所