本文へ

English

 

眼鏡はどこだ!?

心地よさを追求すると・・・

体のかたちのデジタルモデル

 眼鏡をかけたままその眼鏡を探す。見つかりっこありませんよね。

 このこっけいなワンシーン、眼鏡に無縁な方には「そんなばかな」と言われそうですが、経験者は結構いるんじゃないでしょうか。

 ところで、こんなこっけいなシーンがあちらこちらに登場しそうな気配なのです。その秘密は産業技術総合研究所(産総研)で進めている研究テーマ、「体のかたちのデジタルモデル」にあります。

 つまり、人間の体のあらゆる部分を3次元-いわゆる立体ですね-で計測し、一人ひとり異なる体の特徴に合わせて、ぴったりフィットする製品を作り出そうというのです。

 例えば眼鏡。いい眼鏡の条件は「つけていることを忘れる眼鏡」と言われます。体のかたちのデジタルモデル技術によって、まさにその通りの眼鏡を作り出すことが可能になるのです。その結果、冒頭のようなこっけいなシーンが日本中で繰り広げられるかもしれません。

図
次のページへ

▲ ページトップへ