本文へ

English

 

地球温暖化を止めろ!

「緑」の伝道師?

発根促進剤

 地球を覆う大気には、酸素や窒素のほか、わずかに二酸化炭素やメタン、フロンなどのガス類も含まれています。

 「温室効果ガス」と呼ばれるこれらのガスがないと、地球の平面温度はマイナス約18度になってしまうとか。このガスが地表から放出される熱を吸収して大気を暖めてくれるため、地球の平均気温は約15度と快適に保たれているのです。

 近年、人類の産業活動は必要以上の温室効果ガスを排出するようになりました。温室効果ガスの濃度が高まって熱の吸収が増えたため、地球の気温は上昇し続けています。これが「地球温暖化」です。

 地球温暖化への影響が最も大きいのは二酸化炭素。二酸化炭素を減らすのに一番効果があるのは、ご存知の通り樹木です。樹木は成長するとき吸収した二酸化炭素を幹や枝に長期間にわたって蓄積するので、大気中の二酸化炭素濃度が上がるのを抑えてくれるのです。

 「気候変動枠組条約」は、先進国だけでなく途上国にも温室効果ガスの排出量を減らすことを求めています。しかし途上国では生活の糧を得るため、森を放牧地や焼畑耕作にしたり、過度な商業伐採などによってどんどん森を伐採しているのが現状です。

 失われた森を再生するためには、効率的な方法で植林しなければなりません。とはいえ、種子から育てるには時間がかかります。では、挿し木によって作る苗木では?

 挿し木によって、苗木をいち早く大量に発根させることができれば、森林再生への時間が短縮され、地球温暖化防止に貢献するはずです。

 そんな魔法のクスリの大量合成が、この産総研で始まっています。「地球の緑化」へのドアは、間もなく開こうとしています。

地球温暖化や洪水の起こり方

図
次のページへ

▲ ページトップへ