本文へ

English

 

偏光で遊ぼう(偏光万華鏡?)

つくってみよう!

作り方は、産総研のイベントで体験してもらっているものを例に説明します。

準備するもの

紙コップ 2個(同じ大きさのもの)
透明な板 1枚(紙コップの底より少し小さいぐらい)
偏光板 2枚(紙コップの底より少し小さいぐらい)
(偏光板、偏光フィルムなどの名まえで、科学教材販売会社などが販売しています。厚さが0.2mmぐらいのものが切りやすいと思います。)
セロファンテープ。ほかに、OPP(二軸延伸ポリプロピレン)でできている透明なテープにも使えるものがあります。
両面テープ または のり
はさみカッター など
(はさみやカッターを使うときは気をつけましょう。小さいお子さんは、大人に代わって作ってもらいましょう。)

写真(紙コップの底の中央に丸い穴を開けます)

 まず、紙コップの底の中央に丸い穴を開けます。二つとも同じような穴を開けてください。ここに偏光板を貼り付けますので、あまり大きな穴にしないでくださいね。(カッターなどを使うときは気をつけてください。)ちょっと難しいので、小さい子はお父さん、お母さんにやってもらいましょう。


 偏光板2枚と透明な板を、コップの底に入って、開けた穴より大きい形にします。産総研のイベントでは、八角形にしています。

写真(偏光板2枚) 写真(透明な板)
写真(偏光板の保護フィルムをはがす)

 偏光板には保護フィルムが、貼ってあることがあります。とってしまったほうが良いでしょう。


 偏光板をコップの底に貼ります。両面テープを使う場合は写真のように偏光板の4ヶ所ぐらいに細い両面テープをつけます。のりで貼る場合は、コップの底にのりをつけて貼るとよいでしょう。

写真(両面テープを貼ったもの・1) 写真(両面テープを貼ったもの・2)

 1つのコップには外側から、もう1つのコップには内側から、偏光板を貼り付けます。

写真(外側に偏光板を貼る) 写真(外側に偏光板を貼ったもの)
外側
写真(内側に偏光板を貼る) 写真(内側に偏光板を貼ったもの)
内側

 2種類のコップができます。

写真(偏光板を貼ったコップ・2種類)
前のページへ    次のページへ

▲ ページトップへ