本文へ

English

 

偏光で遊ぼう(偏光万華鏡?)

下村正樹(産業技術総合研究所 広報部 兼 ナノシステム研究部門)

はじめに

 「偏光」を知っていますか?光には波の性質がありますが、普通の光は、いろいろな方向の波が混ざっています。ひとつの方向にそろった波の光を(直線)偏光といいます。光が偏光板を通ると偏光になります。ある方向の波の光だけが、偏光板を通り抜けられるからです。セロファンテープは、どこにでもありますが、特殊な性質(複屈折という特殊な屈折率)をもっています。(直線)偏光がこのような物質を通り抜けるとき、特殊な偏光(円偏光やだ円偏光といいます)に変化します。偏光板とセロファンテープのこのような特性を利用して、紙コップを使った「万華鏡?」を作ってみましょう。

次のページへ

▲ ページトップへ