本文へ

English

 

ストローガーネットの作り方

ストローガーネットの作り方

目的

 ガーネットの外形として現れる、菱形12面体の結晶模型をストローで作ります。

材料

  • ストロー4色 (または1色)
    一番小さな模型の場合、各色19本(1色の場合76本)。
    次に大きな模型の場合、各色37本(1色の場合148本)。
    もっと大きい模型を作る場合は、たくさん必要になりますが、何本必要かについては、後述の「ストローは何本いるの?」を参考にしてください。
  • 輪ゴム 8個程度。
  • 接着剤 スプレーのり77(住友スリーエム)などが適しています。
  • 古新聞紙または段ボール箱
    スプレーのりを使用するとき、古新聞の上、あるいは空き段ボールの中で噴霧して、まわりを汚さないように注意します。
  • はさみ(小型)またはプラスチック用ニッパ
  • カッターナイフ(少し大きめ)
    手を傷つけないように、十分注意しましょう。

 これから比較的わかりやすい作り方を説明します。基本が理解できるようになれば、これ以外の方法でもかまいません。説明のため、ピンク・緑・青・黄色の4色のストローを使用しますが、市販されているどんな色や模様入りでもかまいません。もちろん1色でもかまいません。

 作成手順は、組み立て→のり付け→カット(整形)です。

手順1

ピンクと緑色のストローをそれぞれ4本束ね、束の一方の端の方を輪ゴムで軽くとめておきます。

図:手順1

手順2

ピンクと緑がほぼ直交するように、図の①と②の方向で交差させます。その時、それぞれ2本単位で上下になるように重ねます。ストローの開いている端の方も軽く輪ゴムでとめます。 上から見ると、井の形になります。

図:手順2

手順3

①ピンクと②緑でできた井形の真ん中に、③の方向から青色ストローを差し込みます。図の①②③の方向は、それぞれほぼ直交しています。

図:手順3

手順4

同様に井形の周囲の8個の升目をうめるように、8本の青色ストローを最初の1本と平行に置き、両端を軽く輪ゴムでとめます。

図:手順4

手順5

ストローを三脚支持のようにテーブル上に置き、上から少し押してみると、3束のストローが交差している箇所に平行四辺形や6角形のすき間が現れます。

図:手順5

手順6

そこへ、黄色(第4番目の色)のストローを上からテーブル面に向かって、刺していきます。開いているすき間を黄色ストローでうめて、また両端を輪ゴムでとめます。これで異なる4色による4方向が定まりました。この時、それぞれの方向から見たストローは正三角形的に配置しています。

図:手順6

手順7

各ストローの伸びている方向から見て、ストロー底面の丸が三角形の位置関係を保つように、すき間に差し込んでいきます。各色のストローの本数を少しずつ増やしていき、こまめにストローの両端を輪ゴムでとめなおします。

図のように、各色について束の底面が正6角形になるように配置します。正6角形の一辺に4本と3本並べた2例を示してあります。各色につき、ストローは37本(左図)と19本(右図)が必要です。

図:手順7

手順8

4方向のストローがすべて6角柱になるように並べると左の写真のようになります。柱面(柱の側面)には、4本のストローが平行に並んでいます。この場合ストローは全部で148本です。また、柱面に3本だけ並べた場合は、全部で76本となります。

図:手順8

手順9

これからのり付けです。まず、1つの色の束を写真のようにできるだけ片側に寄せます(矢印の上側へ)。ストローの長さの中央付近をまんべんなく周囲からのりを吹き付けます。のりの付いたストローを下げて、のり面が他のストローと接するように戻します。束の内側のストローにはのりが達しにくいので、のりが弱そうなストローは引き出して再度のり付けしましょう。これを他の2色の束について繰り返します。計3色の束をのり付けすれば十分です。 1時間程度でのりは固まります。

図:手順9

手順10

各色の6角柱の柱面に沿って、カッターナイフを入れ、他色のストローを切り落としていきます。手を切らないように十分注意しましょう。

図:手順10

手順11

カッターナイフになれていない場合は、はさみまたはプラスチック用ニッパを使用しましょう。最初はあらく切っていき、あとで平面になるように整形するとよいです。

図:手順11

手順12

写真は、ピンク色の1つの柱面に沿って切り落としたものです。

図:手順12

手順13

柱面にそって、カットを続けます。柱面が他の色の柱面と重なっている場合には、より外側の柱面にそって、切っていきます。

図:手順13

手順14

最終的に、各面が菱形になった12面体が完成します。

図:手順14

前のページへ    次のページへ

▲ ページトップへ