本文へ

English

 

プラスチックの見分け方

実験してみよう

まず、身近なプラスチック製品を集めてみました。

 ペット・ボトルと荷造りバンド、フィルム・ケース、クリア・フォルダーを、実験がし易いように、同じ大きさに切ってみました。

身近なプラスチック製品の写真

 まず、ガラスのコップ(ここではビーカーを使いましたが、中が見えれば、ビーカーを使う必要はありません)に水を入れて、その中に、さきほど切った、プラスチックを静かに入れてみます。

実験写真1

 沈んでしまうものと、浮かぶものがありますね。

 これは、重さの違いではなく、比重の違いが原因なんです。沈んでしまったものは、同じ体積の水よりも重たいんです。浮いたものは、その逆ですね。

実験写真2

 ここでは、ペット・ボトルとクリア・フォルダーが沈んで、荷造りバンドとフィルム・ケースが浮きました。

写真はありませんが、次は熱湯を使った実験です。

 プラスチックを熱めのお湯に浸けて、温める前と後で、その硬さがどう変わるか観察して下さい。元々柔らかかったものでも、より柔らかくなりますが、その柔らかくなる度合いが、大きなものと小さなものがあります。火傷をしないように、注意して実験してみて下さいね。

 始めは硬かった荷造りバンドやフィルム・ケースがお湯に浸けるとかなり柔らかくなったのに対して、ペット・ボトルとクリア・フォルダーは、お湯に浸ける前と後で、その硬さに大きな変化はありませんでした。

次は、それぞれのプラスチックを炎の中に入れてみます。

注意!
プラスチックは燃えやすいので、実験するときには、周りに燃えやすいものがないように気を付けて、水を入れた洗面器やボウルを用意するなど、十分注意して下さい。ここではアルコールランプを使いましたが、ガス・レンジ等は危険ですので使わないようにして下さい。

 まずはペット・ボトル。黒い煙が出ているのがわかりますか?

燃焼実験写真1

 クリア・フォルダーはどうでしょう。オレンジ色の炎をあげて、勢いよく燃えました。

燃焼実験写真2

 荷造りバンドとフィルム・ケースは、炎のなかで柔らかくなった部分が透明になって燃えています。

燃焼実験写真3 燃焼実験写真4

 ではここで、ちょっとした科学マジックをご覧にいれましょう。

 アルコールランプの炎の中に銅線を入れます。銅は金属ですから、アルコールランプの炎では燃えません。

 銅線が十分に熱せられたところに、ペット・ボトルを入れてみます。

燃焼実験写真5

 銅線がないときと燃え方に違いはありません。

 次に、クリア・フォルダーで試してみます。

燃焼実験写真6

 炎の色が緑色になりました!

 同じように透明で、水に沈むプラスチックでも、ペット・ボトルとクリア・フォルダーは違ったプラスチックでできていることがわかりますね

ここまでの実験の結果をまとめてみましょう。
  水に浮くか? 熱湯で柔らかくなるか? 燃え方 (銅線入り)
ペット・ボトル 沈んだ 少ししか柔らかくならなかった 黒いスス 変化なし
荷造りバンド 浮いた かなり柔らかくなった 透明になって燃えた 変化なし
フィルム・ケース 浮いた かなり柔らかくなった 透明になって燃えた 変化なし
クリア・フォルダー 沈んだ 少ししか柔らかくならなかった よく燃えた 緑色の炎

 この表をみると、荷造りバンドとフィルム・ケースは同じプラスチックからできていると予想できますね。ペット・ボトルとクリア・フォルダーは、それぞれ別のプラスチックからできていることも予想できます。

 では正解です。荷造りバンドとフィルム・ケースは「高密度ポリエチレン」と呼ばれるプラスチックでつくられています。ペット・ボトルは「PET(ペット)樹脂」、クリア・フォルダーは「ポリ塩化ビニル」というプラスチックでつくられたものだったんです。ペット・ボトルの「ペット」と言うのは、犬や猫の「ペット」ではなく、「ポリエチレンテレフタレート」というプラスチックの頭文字だったんです。

前のページへ    次のページへ

▲ ページトップへ