本文へ

English

 

魔法のアンモナイト作り

つくってみよう!

必要なもの

  • 作業用の紙:作業用の紙をしいて、まわりを汚さないように。
  • 鉛筆:メモする時に使います。
  • 筆:土台の余白部分にアクリル絵の具を塗るときに使います。
  • ハサミ:フィルムを作る時にアンモナイトの画像の外側を一周して切ります。
  • ラベル:出典が書いてあります。
  • 画像フィルム:アンモナイトの原標本の画像です。
  • 紙コップ:水を入れます。
  • ドライヤー:乾かすのに使います。
  • 綿棒:細かい作業に使います。
  • ティッシュ
必要なものの写真1 必要なものの写真2

作り方

作り方の写真

 樹脂で作ったキャストにフィルムを貼り付けたところ。白っぽかったフィルムがドライヤーで乾かす間に、くっきりはっきりしてきます。ここまでの作り方は下のとおりです。


作り方写真1
1:樹脂や石こうなどでできたキャストと画像フィルムです。
作り方の写真2
2:キャストの裏にラベルを接着剤で貼り、仕上げ材をラベルの上から塗ります。
作り方の写真3
3:画像フィルムをアンモナイトに沿って切り取ります。
作り方の写真4
4:切り取ったアンモナイトの画像フィルムを水に入れます。
作り方の写真5
5:水に入れたところです。最初は丸まります。
作り方の写真6
6:5分程たつと丸まった画像フィルムがのびてきます。
作り方の写真7
7:のびた画像フィルムを取り出します。白っぽくなりますが心配いりません。
作り方の写真8
8:画像フィルムの表の水分をティッシュで軽くふきとり、作業用のコート紙の上に表を下にしておきます。指先をぬらし、中心から外側に向かって裏の紙をはがしていきます。
作り方の写真9
9:画像が見えてきたら、他の場所の紙をはがしていきます。紙が多少残っていても大丈夫です。キレイにはがす必要はありません。こすりすぎると印刷も取れてしまうこともあるので、気を付けましょう。
作り方の写真10
10:こすりとった裏の紙は捨てて、コート紙をキレイにしておきます。
作り方の写真11
11:できた画像フィルムを水で洗います。
作り方の写真12
12:キャストの中心に接着剤を流します。
作り方の写真13
13:接着剤をアンモナイトの部分に伸ばします。
作り方の写真14
14:画像フィルムの裏の水分をティッシュで軽く取ります。
作り方の写真15
15:キャストの上に画像フィルムをのせる作業に入ります。
作り方の写真16
16:まず、中心を合わせます。
作り方の写真17
17:出っ張りや画像の色が変わるところをポイントにして貼る位置を決めます。
作り方の写真18
18:ポイントが決まったら、中心から外に向かって、らせんに沿って伸ばしながら貼っていきます。この時、指先をぬらしながら作業してください。中心を押さえて貼っていくと貼りやすいです。多少、伸ばしすぎたら、はがして水につけると元の大きさに戻ります。細かいところは、綿棒の先をぬらして使うと、きれいに出来ます。
作り方の写真19
19:はりつけ終わったら、ティッシュで軽く水分をふき取ります。
作り方の写真20
20:ドライヤーを使って乾かします。だんだん色がはっきりしてきます。

 画像がキレイに見えてきたら、仕上げ剤を表側、全体に塗り、ドライヤーで乾かします。

 土台の余白部には、好みのアクリル絵の具を塗っておしゃれに仕上げましょう。

 自分だけのアンモナイトの完成です。

前のページへ    一覧ページへ

▲ ページトップへ

国立研究開発法人産業技術総合研究所