本文へ

English

 

光無線通信(光無線通信実験の写真)

監修:市野善朗
(産業技術総合研究所 計測標準研究部門

はじめに

 私達が相手に何かを伝えたいとき、伝える方法とそのメッセージを受け取る方法はさまざまです。直接相手に触れたり、叩いたりすることで伝わるメッセージもあるでしょう。話しことばや叫び声、音楽などで伝えるとき、それらのメッセージは振動となって空気を伝わって、相手の耳に届きます。文字や絵は、相手の眼に複雑なメッセージを伝えることの出来る手段ですが、暗闇では伝えることが出来ません。眼が受け取るメッセージは、光を使って伝えられたメッセージ、ということになります。

 相手が遠く離れている場合はどうでしょうか。手紙を使って伝えるという手段がありますが、時間がかかる方法です。電話は、昔は相手と必ず電話線でつながっている必要がありましたが、携帯電話の登場で、電波に乗せてメッセージをやりとりすることが出来るようになりました。電波はもちろん、遠くまで鮮明に音声や画像を送ることが出来るラジオやテレビにも使われていますし、空気がなくても届くのでスペースシャトルや人工衛星との通信にも用いられています。

 テレビやステレオのリモコンは、メッセージではありませんが、チャンネルや音量の情報を離れた位置から機器に伝える手段です。リモコンでは、赤外線という人間の眼には見えない光を使って情報を伝えています。もちろん、眼に見える光で情報を伝えることも可能で、お互いにルールを決め、光の点滅を使ってメッセージをやりとりする、というのはロマンチックな方法です。しかし、眼を使ってメッセージを受け取る場合、複雑な情報をやりとりするのは大変ですし、届く距離にも限りがあります。

 では、眼の代わりにリモコンやテレビのように送信機、受信機を使えば、眼に見える光にメッセージを乗せてやりとりをすることが出来るのではないでしょうか。

 ここでは、懐中電灯の光を使って声を届ける装置の作り方と実験を紹介します。

** 参考 **
『ダイナミック理科実験に挑む』宝多卓男 著 (黎明書房)
技術のおもしろ教材集(洛陽工業高校教諭)
新潟県理化学協会研究部物理グループ 物理実験集
次のページへ

▲ ページトップへ