産総研トップへ

ニュース

2019/01/10

平成30年度 第2回出前シンポジウム in 熊本
「AI・IoTが拓く社会と産業の将来」

開催趣旨

 AI・IoTは、ものづくりの『現場』が抱えている、⼈⼿不⾜、技能の伝承、第4次産業革命とデジタル化への対応、生産設備の保守コスト削減等の課題を解決し、生産性向上、プロセス変革、オープンイノベーション、現場⼒強化、付加価値の創出・最大化等をもたらす技術として注目されています。
本シンポジウムでは、このようなAI・IoTが私たちの社会や産業をどのように変革し得るかについて概観するとともに、産総研が取り組んでいる、AI・IoT技術の研究開発、協定に基づく公益財団法人九州先端科学技術研究所との取り組み等について紹介します。
H30出前シンポジウムin熊本画像
チラシダウンロード
(PDF 5.4MB)

開催概要

※内容は変更になる場合があります。
開催日時 平成31年2月18日(木)13:30~17:35(13:00 開場・受付開始)
講演会終了後、交流会を開催(17:45~19:30)
開催場所 KKRホテル熊本 2階ローズルーム
〒860-0001 熊本県熊本市中央区千葉城町3-31
参加費 無料(ただし、交流会参加費は別途4,500円/人)事前申込制
定員 講演会70名 ・ 交流会45名
申込締め切り 平成31年2月1日(金)17:00
※定員に達した場合、締め切り期日前に受付を終了する場合があります。
参加申込方法 メール・FAX・WEB
●WEBの場合
以下の参加申込ページよりお申し込みください。
参加申込ページへ
 
●メール・FAXの場合
申込用紙をダウンロードし、以下「お問合せ」に記載の事務局までお送りください。
参加申込用紙(PDF) 554KB 
 
ご不明な点がございましたら、事務局までお知らせください。
主催 一般社団法人熊本県工業連合会、国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)九州センター、熊本県産業振興協議会・セミコンIT産業部会、熊本県
お問合せ 国立研究開発法人産業技術総合研究所 九州センター
出前シンポジウム事務局
TEL(0942)81-3606
FAX(0942)81-4089
E-mail:q_demae_sympo-ml★aist.go.jp(※「★」を「@」に変えてご使用ください)
その他 ※広報活動に使用することを目的として、イベントの様子を写真や動画等で撮影させていただく場合がございます。その他の目的に使用することはございません。あらかじめご了承ください。

プログラム(敬称略)

※内容は変更になる場合があります。
時間 内容  
13:00 開場・受付開始 KKRホテル熊本 2階ローズルーム  
13:30~13:35 開会挨拶 産総研 九州センター
所長 平井 寿敏
13:35~13:40 挨拶 熊本県 商工観光労働部 新産業振興局
局長 村井 浩一
13:40~14:40 【基調講演】
「人工知能技術の発展と展望」
産総研 情報・人間工学領域 人工知能センター
副研究センター長 麻生 英樹
14:40~15:40 【特別講演】
「地域と企業のAI・IoT化を支援するISITの取り組みについて」
公益財団法人九州先端科学技術研究所
専務理事・副所長 荒牧 敬次
15:40~16:00 休憩
16:00~16:30 「センサネットワーク社会に向けた窒化物圧電薄膜の開発」 産総研 製造技術研究部門 センシング材料研究グループ
主任研究員 上原 雅人
16:30~17:00 「無償特許を活用した熊本復興支援について―九州電力・中国電力の保有特許のご紹介―」 中国電力株式会社エネルギア総合研究所 柴丸 昇
九州電力株式会社テクニカルソリューション統括本部総合研究所 木元 和彦
17:00~17:30 「中堅・中小企業等における標準化の戦略的活用について」 一般財団法人日本規格協会
標準化アドバイザー 塩澤 隆司
17:30~17:35 閉会挨拶 熊本県産業振興協議会・セミコンIT産業部会
部会長 末吉 敏則
17:45~19:30 交流会 KKRホテル熊本 3階金峯・市房  参加費4,500円/人(予定)

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 九州センター
出前シンポジウム事務局

〒841-0052 佐賀県鳥栖市宿町807-1
電話: 0942-81-3606 FAX: 0942-81-4089
E-mail: q_demae_sympo-ml★aist.go.jp((※★部分を@に変えてご使用ください)


国立研究開発法人産業技術総合研究所