産総研トップへ

イノベーションコーディネータ

関西センターお問い合わせ

上席イノベーションコーディネータ

谷本 一美(たにもと かずみ)の写真

谷本 一美(たにもと かずみ)

専門分野

  • 電気化学
  • 燃料電池
  • 二次電池
  • プロセス工学
キーワード
  • 燃料電池
  • リチウムイオン電池
  • 次世代二次電池
  • 電池構成材料
  • 電池特性評価
詳細情報

略歴

1984年 大阪工業技術試験所入所。主に溶融炭酸塩形燃料電池の材料研究開発に従事
1998年-1999年 同所エネルギー技術研究調整官及び研究企画官補、近畿通商産業局技術政策企画官を兼務
2001年 産業技術総合研究所産学官連携部門 溶融炭酸塩形燃料電池連携研究体長
2004年 ユビキタスエネルギー研究部門 副研究部門長
2013年 ユビキタスエネルギー研究部門 研究部門長
2015年 エネルギー環境領域 電池技術研究部門 研究部門長
2019年より現職

これまでの燃料電池研究開発に従事し、固体高分子形燃料電池基盤研究にて、2009年家庭用燃料電池コジェネレーションシステム「エネファーム」の市場化につなげた。また、燃料電池の国際標準化活動へ参加し国際標準策定に貢献。

  • 博士(工学)

主な連携活動

化学系、材料系並びにユーザー業界との二次電池材料からデバイス化へ連携を支援。その展開や新規な利活用提案にも支援。

連携に向けた思い・コメント

社会へ展開し実用化してこそ技術開発と考えています。これまでも、社会課題解決に役立つ貢献を心がけ、研究開発活動に取り組んできました。絶え間ない着実な研究開発の積み重ねが、時間が掛っても技術進歩には必要で、かつては夢と思われたことが現実になった成果の事例を現場で経験しました。これらを通して、状況に応じた柔軟な対応とともに様々な連携が重要と感じています。課題解決のために、産総研のもつシーズでイノベーションに繋がるように連携活動に取り組みたいと思っています。

福井 実(ふくい みのる)の写真

福井 実(ふくい みのる)
(イノベーション推進本部所属、関西センター勤務)

専門分野

 
  • 物理化学
  • 高分子化学
  • 機能商品科学
キーワード
  • 材料・化学領域: 機能性材料、ナノマテリアル、高分子材料、セルロース材料、繊維材料、繊維加工技術、機能商品デザイン
  • 生命工学領域: バイオマテリアル、ゲノム関連技術、診断薬・診断デバイス関連技術、感性工学、ヘルスケア関連技術
  • エレクトロニクス・製造領域: センサー材料、センサーシステム、ウエアラブル、先進コーティング技術
詳細情報

略歴

1981年 大手化学メーカー入社。研究所で繊維機能加工、機能商品の開発と事業化を経験。
2005年~2010年 中国の海外子会社の社長、会長として、経営を経験。
2010年~2016年 繊維事業の研究所所長、センター長歴任。素材力、技術力を生かした、これまでの技術ではできない「価値商品の創出研究」を陣頭指揮。
2016年7月 イノベーション推進本部 上席イノベーションコーディネータとして産総研に入所。
一般社団法人繊維学会理事(2010年度~2012年度)、監事(2014年度~2015年度、2018年度~2019年度)を歴任
 

主な連携活動

  • 産総研のナノ機能材料の特性を生かした、大手企業と長期の大型共同研究推進。
  • 企業の研究開発部門のキーマンの皆様との様々な出会いを通じて、企業の研究開発戦略に合致する産総研研究者やシーズの紹介とイノベーティブな新商品、社会価値創出研究の連携体制を数多くコーディネート。

連携に向けた思い・コメント

大企業における長年の研究開発部門での経験や視点も生かした、一体感のある連携をコーディネートさせていただければと思っております。 連携にかかわる研究者同士が、これまで出来なかった価値を生む技術とそれによって生まれるビジネスモデルまで「共通の絵姿」として、共有して知恵を絞り合うことが連携の成功の秘訣と思っています。 産総研には7つの研究領域において、企業の研究者が知りたいターゲット分野における最先端の技術や課題を知り、革新的研究から現場に即した事業応用研究を行っている研究者が居ります。そのような産総研の研究者と貴社の研究者のコラボレーションで新しい価値や新事業を創出する連携研究を、ぜひ、一緒に支援させていただければと思っております。

イノベーションコーディネータ

坪田 年(つぼた すすむ)の写真

坪田 年(つぼた すすむ)

専門分野

  • 環境・エネルギー分野
  • 固体触媒
  • 貴金属担持触媒
キーワード
  • 触媒
  • ナノ粒子
  • 環境浄化触媒
詳細情報

略歴

1987年  民間企業(4年間)を経て、大阪工業技術試験所入所。これまで主に、環境・エネルギー分野の固体触媒に関する研究に従事。
1999年、2010年 各2年間滋賀県工業技術総合センターに転籍出向。
2008年- 近畿経済産業局地域経済部にて、産業技術統括調査官を兼務。
2012年-  関西センター・イノベーションコーディネータ
2013年-2015年 関西センター尼崎支所管理監を兼務
2017年 退職後、関西センター・イノベーションコーディネータ 再任

               

主な連携活動

  • 産総研福井サイト 担当IC
  • 関西センターの各ユニットの企業連携支援
  • 近畿地域の大学、公設試、技術支援機関等との連携構築

連携に向けた思い・コメント

公設試験研究機関での経験などを生かし、地域の中小・中堅企業のイノベーションに、さらに産総研を活用いただけるよう心掛けて、コーディネート活動に取り組んで参ります。関西センターの各研究ユニットを担当しています。専門分野と異なる分野に関しても、これまでの経験を活かして対応してまいる所存です。まずは、お気軽にお声をかけてください。

お問合せ等

E-mail:susumu-tsubota*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)

イノベーションコーディネータ

齋藤 俊幸(さいとう としゆき)の写真

齋藤 俊幸(さいとう としゆき)

専門分野

  • 環境計測
キーワード
  • レーザ
  • 海洋
  • 光計測技術
詳細情報

略歴

1986年 工業技術院電子技術総合研究所大阪支所入所。植物プランクトン分布などの海洋環境計測技術の開発に従事
2001年  産業技術総合研究所の発足と同時に関西センターにおいて産学官連携業務に携わる。
2010年-2011年 近畿経済産業局地域経済部にて、産業技術統括調査官を兼務。
2015年4月より 現職

               

主な連携活動

  • 京都府・市、奈良県、和歌山県を担当
  • 近畿地域の公設試、技術支援機関等との連携構築

連携に向けた思い・コメント

極めてマイナーな研究分野でしたが、目的を実現するために様々な技術を取り込んできました。また、産総研発足当時から長く産学官連携に携わっており、産総研から公設試、その他様々なネットワークを構築してきました。これらの知見と経験を利用して問題解決のお手伝いを致します。専門分野にかかわらず、何でもご相談ください。

お問合せ等

E-mail:toshi-saito*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)

▲ ページトップへ

お問い合せ窓口(受付時間:月~金 9:30~17:30(祝日を除く))

産業技術総合研究所 関西センター

電話 : 072-751-9703

国立研究開発法人産業技術総合研究所