Vol.7 No.3 2014
66/76

−202−Synthesiology Vol.7 No.3(2014) シンセシオロジー 投稿規定1 掲載記事の種類と概要シンセシオロジーの記事には下記の種類がある。・研究論文、論説、座談会記事、読者フォーラムこのうち、研究論文、論説は、原則として、投稿された原稿から査読を経て掲載する。座談会記事は編集委員会の企画で記事を作成して掲載する。読者フォーラムは読者により寄稿されたものを編集委員会で内容を検討の上で掲載を決定する。いずれの記事も、多様な研究分野・技術分野にまたがる読者が理解できるように書かれたものとする。記事の概要は下記の通り。①研究論文成果を社会に活かすことを目的とした研究開発の進め方とその基となる考え方(これをシナリオと呼ぶ)、その結果としての研究成果を、実際に遂行された研究開発に関する自らの経験や分析に基づき、論理立てて記述した論文。シナリオやその要素構成(選択・統合)についての著者の独自性を論文としての要件とするが、研究成果が既に社会に活かされていることは要件とはしない。投稿された原稿は複数名の査読者による査読を行い、査読者との議論を基に著者が最終原稿を作成する。なお、編集委員会の判断により査読者と著者とで直接面談(電話・メール等を含む)で意見交換を行う場合がある。②論説研究開発の成果を社会に活かすあるいは社会に広めるための、考えや主張あるいは動向・分析などを記述した記事。主張の独自性は要件としないが、既公表の記事と同一あるいは類似のものではないものとする。投稿された原稿は編集委員による内容の確認を行い、必要な修正点等があればそれを著者に伝え、著者はそれに基づいて最終原稿を作成する。③座談会記事編集委員会が企画した座談会あるいは対談等を記事にしたもの。座談会参加者の発言や討論を元に原稿を書き起したもので、必要に応じて、座談会後に発言を補足するための追記等を行うことがある。④読者フォーラムシンセシオロジーに掲載された記事に対する意見や感想また本誌の主旨に合致した読者への有益な情報提供などを掲載した記事とする。1,200文字以内で自由書式とする。編集委員会で内容を検討の上で掲載を決定する。2 投稿資格投稿原稿の著者は、本ジャーナルの編集方針にかなう内容が記載されていれば、所属機関による制限並びに科学技術の特定分野による制限も行わない。ただし、オーサーシップについて記載があること(著者全員が、本論文についてそれぞれ本質的な寄与をしていることを明記していること)。3 原稿の書き方3.1 一般事項3.1.1 投稿原稿は日本語あるいは英語で受け付ける。査読により掲載可となった論文または記事はSynthesiology(ISSN1882-6229)に掲載されるとともに、このオリジナル版の約4ヶ月後に発行される予定の英語版のSynthesiology - English edition(ISSN1883-0978)にも掲載される。このとき、原稿が英語の場合にはオリジナル版と同一のものを英語版に掲載するが、日本語で書かれている場合には、著者はオリジナル版の発行後2ヶ月以内に英語翻訳原稿を提出すること。3.1.2 研究論文については、下記の研究論文の構成および書式にしたがうものとし、論説については、構成・書式は研究論文に準拠するものとするが、サブタイトルおよび要約はなくても良い。3.1.3 研究論文は、原著(新たな著作)に限る。3.1.4 研究倫理に関わる各種ガイドラインを遵守すること。3.2 原稿の構成3.2.1 タイトル(含サブタイトル)、要旨、著者名、所属・連絡先、本文、キーワード(5つ程度)とする。3.2.2 タイトル、要旨、著者名、キーワード、所属・連絡先については日本語および英語で記載する。3.2.3 原稿等はワープロ等を用いて作成し、A4判縦長の用紙に印字する。図・表・写真を含め、原則として刷り上り6頁程度とする。3.2.4 研究論文または論説の場合には表紙を付け、表紙には記事の種類(研究論文か論説)を明記する。3.2.5 タイトルは和文で10~20文字(英文では5~10ワード)前後とし、広い読者層に理解可能なものとする。研究論文には和文で15~25文字(英文では7~15ワード)前後のサブタイトルを付け、専門家の理解を助けるものとする。3.2.6 要約には、社会への導入のためのシナリオ、構成した技術要素とそれを選択した理由などの構成方法の考え方も投稿規定シンセシオロジー編集委員会制定 2007年12月26日改正 2008年 6月18日改正 2008年10月24日改正 2009年 3月23日改正 2010年 8月5日改正 2012年 2月16日改正 2013年 4月17日改正 2014年 5月 9日

元のページ 

page 66

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です