Vol.7 No.3 2014
53/76

研究論文:漏洩に強いパスワード認証とその応用(古原ほか)−189−Synthesiology Vol.7 No.3(2014)また、この部分は、理論面での改良研究により蓄積された技術的知見が、さまざまな応用先に広がった例を示しておりますので、その説明を3.2節の第一段落の最後と、上記と同じ箇所に追加しました。議論5 オフライン全数探索および並列オンライン全数探索の説明コメント(坂上 勝彦:産業技術総合研究所情報基盤部)提案手法は、オフライン全数探索および並列オンライン全数探索がいずれも適用不可である強固な手法だと理解しました。しかし、他分野の読者は、遠隔ユーザ認証方式の実例を身近な例でしか知らないため、オフライン全数検索、並列/直列オンライン全数検索が具体的にどういうものであるかが、本文中の短い記述だけでは把握できないと考えられます。提案手法の優位性を示す重要なポイントですので、分かりやすい説明を加筆するとよいと思います。回答(古原 和邦)1.2節において、オフライン全数検索、並列/直列オンライン全数検索の説明を追加しました。議論6 なぜ4つの問題点に帰着されるのかの説明コメント(坂上 勝彦)既存のパスワード認証方式の各問題点として節1.2~1.5の4つが挙げられており、2章の冒頭ではこの研究の目標がこの問題点を抜本的に解決するものであると述べられています。しかし、なぜこの4つの問題点に帰着されるのかが、非専門家には理解できません。分かりやすい説明の加筆をお願いします。回答(古原 和邦)1.1節にパスワード入手の手口に関する統計データを追加し、それらと1.2~1.5節の4つの問題の関係の説明を追加しました。

元のページ 

page 53

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です