Vol.11 No.2 2018
65/66

編集 シンセシオロジー編集委員会発行 国立研究開発法人 産業技術総合研究所Synthesiology 第11巻第2号 2018年6月 発行「Synthesiology」の趣旨― 研究成果を社会に活かす知の蓄積 ―科学的な発見や発明が社会に役立つまでに長い時間がかかったり、忘れ去られ葬られたりしてしまうことを、悪夢の時代、死の谷、と呼び、研究活動とその社会寄与との間に大きなギャップがあることが認識されている。そのため、研究者自身がこのギャップを埋める研究活動を行なうべきであると考える。これまでも研究者によってこのような活動が行なわれてきたが、そのプロセスは系統立てて記録して論じられることがなかった。このジャーナル「Synthesiology − 構成学」では、研究成果を社会に活かすために行なうべきことを知として蓄積することを目的とする。そのため本誌では、研究の目標設定と社会的価値、それに至る具体的なシナリオや研究手順、要素技術の統合のプロセスを記述した論文を掲載する。どのようなアプローチをとれば社会に活きる研究が実践できるのかを読者に伝え、共に議論するためのジャーナルである。Aim of Synthesiology—Utilizing the fruits of research for social prosperity—There is a wide gap between scientic achievement and its utilization by society. The history of modern science is replete with results that have taken life-times to reach fruition. This disparity has been called the valley of death, or the nightmare stage. Bridging this difference requires scientists and engineers who understand the potential value to society of their achievements. Despite many previous attempts, a systematic dissemination of the links between scientific achievement and social wealth has not yet been realized. The unique aim of the journal Synthesiology is its focus on the utilization of knowledge for the creation of social wealth, as distinct from the accumulated facts on which that wealth is engendered. Each published paper identies and integrates component technologies that create value to society. The methods employed and the steps taken toward implementation are also presented.

元のページ  ../index.html#65

このブックを見る