Vol.11 No.2 2018
58/66

−109−Synthesiology Vol.11 No.2(2018)編集委員会より:投稿規定合は刷上りで同程度(3,400ワード程度)とする。3.2.9 掲載記事には著者全員の執筆者履歴(各自200文字程度。英文の場合は75ワード程度。)及びその後に、本質的な寄与が何であったかを記載する。なお、その際本質的な寄与をした他の人が抜けていないかも確認のこと。3.2.10 研究論文における査読者との議論は査読者名を公開して行い、査読プロセスで行われた主な論点について3,000文字程度(2ページ以内)で編集委員会が編集して掲載する。報告または論説における編集委員との議論は、編集委員が必要と認める場合に編集委員名を公開して行い、主な論点について800文字程度(半ページ以内)で編集委員会が編集して掲載する。3.2.11 原稿中に他から転載している図表等や、他の論文等からの引用がある場合には、執筆者が予め使用許可をとったうえで転載許可等の明示や、参考文献リスト中へ引用元の記載等、適切な措置を行う。なお、使用許可書のコピーを1部事務局まで提出すること。また、直接的な引用の場合には引用部分を本文中に記載する。3.3 書式3.3.1 見出しは、大見出しである「章」が1、2、3、・・・、中見出しである「節」が1.1、1.2、1.3・・・、小見出しである「項」が1.1.1、1.1.2、1.1.3・・・、「目」が1.1.1.1、1.1.1.2、1.1.1.3・・・とする。3.3.2 和文原稿の場合には以下のようにする。本文は「である調」で記述し、章の表題に通し番号をつける。段落の書き出しは1字あけ、句読点は「。」および「、」を使う。アルファベット・数字・記号は半角とする。また年号は西暦で表記する。3.3.3 図・表・写真についてはそれぞれ通し番号をつけ、適切な表題・説明文(20~40文字程度。英文の場合は10~20ワード程度。)を記載のうえ、本文中における挿入位置を記入する。3.3.4 図については画像ファイル(掲載サイズで350 dpi以上)を提出する。原則は白黒印刷とする。3.3.5 写真については画像ファイル(掲載サイズで350 dpi以上)で提出する。原則は白黒印刷とする。3.3.6 参考文献リストは論文中の参照順に記載する。雑誌:[番号]著者名:表題, 雑誌名(イタリック), 巻(号), 開始ページ−終了ページ(発行年).書籍(単著または共著):[番号]著者名:書名(イタリック), 開始ページ−終了ページ, 発行所, 出版地(発行年).ウェブサイト:[番号]著者名(更新年): ウェブページの題名, ウェブサイトの名称(著者と同じ場合は省略可), URL, 閲覧日.4 原稿の提出原稿の提出は紙媒体で1部および原稿提出チェックシート(Wordファイル)も含め電子媒体も下記宛に提出する。〒305-8560茨城県つくば市梅園1-1-1 つくば中央第1産業技術総合研究所 企画本部広報サービス室内 シンセシオロジー編集委員会事務局なお、投稿原稿は原則として返却しない。5 著者校正著者校正は1回行うこととする。この際、印刷上の誤り以外の修正・訂正は原則として認められない。6 内容の責任掲載記事の内容の責任は著者にあるものとする。7 著作権本ジャーナルに掲載された全ての記事の著作権は産業技術総合研究所に帰属する。問い合わせ先:産業技術総合研究所 企画本部広報サービス室内シンセシオロジー編集委員会事務局電話:029-862-6217、ファックス:029-862-6212E-mail:

元のページ  ../index.html#58

このブックを見る