Vol.11 No.2 2018
43/66

シンセシオロジー 論説−94−Synthesiology Vol.11 No.2 pp.94-105(Jun. 2018)1 はじめに産総研は、2001年の産総研発足から当時の深部地質環境研究センターにおいて、高レベル放射性廃棄物の地下深部埋設処分(以下、地層処分と言う)の安全規制に対して、科学的知見の蓄積と規制機関への橋渡しを目的とした安全規制支援研究を開始した。地層処分の安全規制は、 同2001年に設置された原子力安全・保安院の所掌施策であった。以降、規制機関の体制の変化等はあるものの、放射性廃棄物の処分に関する研究機関としての支援は活断層・火山研究部門において継続している。一方、地層処分事業を進めるために、資源エネルギー庁が主導している研究開発の一部は、地圏資源環境研究部門が実施している。放射性廃棄物処分に関しては、2012年原子力規制委員会設置後、地層処分の規制基準策定よりも、今後廃炉が予定されている原子力発電所で生じる、長半減期核種によって汚染された炉内構造物の地下への埋設処分(以下、地層処分と区別し、中深度処分と言う)に対する安全規制が進められ、原子力規制委員会において許可基準規則、審査ガイド等の整備が行われている。中深度処分は、地下への放射性廃棄物埋設という点では地層処分と共通している。したがって、産総研がこれまで実施してきた地層処分の安全規制支援研究の中で、火山、断層等、処分場の立地に関する成果が活用されることが期待されたが、結果として、断層活動に関する成果は直接活用されることはなかった。一方、地層処分事業は、2000年の「特定放射性廃棄物の最終処分に関する法律」(最終処分法)の成立とそれを受けた実施主体である原子力発電環境整備機構(NUMO)の設立後、2002年から全国の市町村を対象とした立地調査の第一段階である文献調査地区の公募を伊藤 一誠放射性廃棄物処分事業の安全規制行政に対して、産総研は主に処分場立地の適性を評価するための調査・評価技術に関する研究を実施し、得られた知見を規制機関に受け渡すことによって技術的支援を行ってきた。規制機関では、高レベル放射性廃棄物処分に先立ち、低レベル放射性廃棄物の中で相対的に高い放射能レベルを持つ廃棄物の中深度処分における安全規制基準と審査ガイドの整備が行われている。ここでは、中深度処分の安全規制に対する産総研の研究成果の活用状況を紹介するとともに、今後整備される高レベル放射性廃棄物処分の規制に研究成果を活用するために、中深度処分と地層処分との安全確保における技術的課題の相違点、中深度処分の規制基準と資源エネルギー庁が公表した「科学的特性マップ」の地質特性分類における基準との比較等を行って、課題の抽出した事例を紹介する。放射性廃棄物処分の安全規制と地球科学− 処分場の立地基準への研究成果の橋渡し −Kazumasa ITOAIST has been supporting scientific aspects of the Nuclear Regulatory Authority (NRA), mainly in regard to the regulation of site selection for radioactive waste disposal. NRA is constructing regulation criteria and examination guides for the disposal of intermediate-level radioactive waste (ILW) at intermediate depth prior to the geological disposal of high-level radioactive wastes (HLW). This paper introduces some examples of utilizing AIST’s R&D results for regulation of ILW disposal. This paper also presents examples of future tasks by analyzing the differences between the ILW and HLW disposal, and the differences between ILW regulation and criteria in the “Nationwide Map of Scientific Features for Geological Disposal” to categorize areas based on favorability for HLW disposal.キーワード:放射性廃棄物処分、安全規制、立地、許可基準規則、地質事象Keywords:Radioactive waste disposal, safety regulation, site selection, permission standards, geological event産業技術総合研究所 地質調査総合センター 活断層・火山研究部門 〒305-8567 つくば市東1-1-1 中央第7Geological Survey of Japan Research Institute of Earthquake and Volcano Geology, AIST Tsukuba Central 7, 1-1-1 Higashi, Tsukuba 305-8567, Japan E-mail: Original manuscript received September 4, 2017, Revisions received May 6, 2018, Accepted May 7, 2018Earth science in safety regulations of radioactive waste disposal—Translation of scientic research to site selection criteria—

元のページ  ../index.html#43

このブックを見る