平成30年度研究評価委員会(計量標準総合センター)評価報告書
5/128

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 平成30年度 研究評価委員会(計量標準総合センター) 議事次第 日時:平成31年3月 11日(月) 10:00-17:05 場所:国立研究開発法人 産業技術総合研究所 つくば中央第3事業所(3-9棟 第6会議室) 開会挨拶 理事/評価部長 加藤 一実 10:00-10:05 委員等紹介・資料確認 評価部研究評価室 森下 雄一郎 10:05-10:10 計量標準総合センターによる説明(質疑含む) (議事進行:宮城 善一 評価委員長) 1.領域の概要と研究開発マネジメント (1)領域の概要 10:10-10:20 (説明10分) 計量標準総合センター長 臼田 孝 ・第4期中長期目標期間中に見込まれる実績・成果 ・平成30年度の実績・成果 (2)領域の研究開発マネジメント 10:20-10:55 (説明15分、質疑・評価記入20分) 研究戦略部長 藤本 俊幸 ・第4期中長期目標期間中に見込まれる実績・成果 ・平成30年度の実績・成果 2.「橋渡し」のための研究開発 (1)「橋渡し」につながる基礎研究(目的基礎研究) 10:55-11:30 (説明15分、質疑・評価記入20分) 物理計測標準研究部門長 藤間 一郎 ・第4期中長期目標期間中に見込まれる実績・成果 ・平成30年度の実績・成果 (2)「橋渡し」研究前期における研究開発 11:30-12:05 (説明15分、質疑・評価記入20分) 物質計測標準研究部門長 高津 章子 ・第4期中長期目標期間中に見込まれる実績・成果 ・平成30年度の実績・成果 昼食・休憩(40分) 12:05-12:45 現場見学会(70分) 12:45-13:55 単一電子制御技術 [目的基礎] 物理計測標準研究部門 首席研究員 金子 晋久 3D形状計測 [橋渡し後期] 工学計測標準研究部門 幾何標準研究G 阿部 誠 様々な社会ニーズに応える粒子計測技術の開発 [橋渡し前期] 物質計測標準研究部門 粒子計測研究G 飯田 健次郎 - 1 -

元のページ  ../index.html#5

このブックを見る