平成30年度研究評価委員会(計量標準総合センター)評価報告書
125/128

・広報宣伝は、どこに向けて行うのかを明確にして手段を選ぶ必要がある。公的機関としての一般向けの活動と、共同研究・技術コンサルティングを拡大するための活動は大きく異なり、また、企業も当センターを知っているところとそうでないところでは広報宣伝の仕方は異なる。 ・橋渡し基礎、前期、後期の区別がやはりわかりにくいです。区別は難しいというのは理解していますが、やはり実用化に向かっている案件は基礎ではなく橋渡し前期もしくは後期に分類されるのが受け取る側としてすっきりすると思います。順を追って進んでいる研究テーマも存在すると思いますので、取り上げられている研究テーマにそのような例が含まれるとわかりやすいと思います。 ・また、取り組まれている研究開発はいずれも時間を要するものだと理解できます。その意味で、萌芽的研究が次世代の研究開発につながるものとしてその重要性と進捗をアピールされることが必要と考えます。 ・先進国にある同等の研究機関と対比して自己評価を行うことも必要ではないか。 ・多くの活動が問題解決型、若しくはシーズプッシュ型で、バックキャスティング思考のテーマ設定が見えにくい。計量分野では難しいのかもしれないが、若手の基礎研究(萌芽研究)テーマ提案の内容なども積極的にアピールすべきではないか。 【とくに平成30年度に対して:平成30年度評価】 (評価できる点) ・単一電子制御技術の開発成果は次世代電流標準構築だけでなく量子情報への寄与も期待できる成果である。また、3D形状計測の研究成果は、ものづくりに強く関わる工業標準への寄与が期待される。今年度は、計量標準に関わる物理科学的な研究成果と工学的な計測技術の研究開発の成果が認められる。 ・民間資金獲得額、論文被引用数、知的財産の実施契約件数などの重要項目は例年通り順調に推移している。 ・リサーチアシスタントやイノベーションスクールの採用数は19名と目標数10名を大きく上回った。 ・キログラム標準改定について、うまく広報できており、世間一般の標準に対する認識が高まった。 ・キログラム定義に関し、長年かけて培った複数のコア技術を融合させたうえで成果を出されたこと、その成果を広く一般にアピールされたことは評価できる。 ・特に、知的基盤研究では、キログラムの定義改定への貢献が大きく、世界に向けて我が国の技術力をアピールできている。 ・着実に実施されている。 (改善すべき点及び助言) ・当該領域の役割として社会への貢献があるのでニーズによる研究の必要性は高まるが、シーズとのバランスを踏まえながら研究技術のポテンシャル向上に努めて欲しい。 ・委員会説明時よりも、民間からの資金獲得額、技術コンサルティング件数、技術研修生数等が大幅に増加しており、驚きました。橋渡し後期でも大学や公的機関との共同研究が増加し、知的基盤整備でも標準物質頒布件数も大幅に更新しているなど、領域の目標値を上回る成果を複数あげたことは大変評価できることと思います ・次期計画に向けて、今期のフォローと課題を明確にして進めてほしい。 ・先進国にある同等の研究機関と対比して自己評価を行うことも必要ではないか。 ・第五期に向けた第四期の評価活動への取り組みが不十分ではないか。 5.評点一覧 【第4期全体(見込を含む)に対して:見込評価】評価委員(P, Q, R, S, T, U)による評価評価項目PQRSTU領域の概要と研究開発マネジメントS/AS/AS/AS/AS/AA「橋渡し」のための研究開発 「橋渡し」につながる基礎研究 (目的基礎研究)S/ASS/AA/BSA 「橋渡し」研究前期における研究開発AS/AAAAA 「橋渡し」研究後期における研究開発AS/AAS/AAS知的基盤の整備SSS/AAS/AA領域全体の総合評価S/AS/AS/AAS/AA- 121 -

元のページ  ../index.html#125

このブックを見る