平成30年度研究評価委員会(計量標準総合センター)評価報告書
124/128

味があることと考える。 ・世界に先駆けて長時間安定性を有する光格子時計を開発した。国際原子時計の高精度化に大いに貢献することができる。 ・必要な作業が遅れなく実施されている。自動はかり対応の仕事がきちんと行われた。 (改善すべき点及び助言) ・化学材料データベースの構築や運用業務は民間による運用の難しさがあるので、領域による継続整備が望まれるが、データベースの整備と運用にかかるコストを踏まえ、ニーズに応じた内容の精査が必要と思われる。 ・今後の構築すべき標準物質の種類と供給量についての見積りと実施の必要性の判断が必要になると思われる。 ・新しい課題に向けて社会ニーズを探る方策をさらに練って頂きたい。 ・計量計測技術の開発について新たな分野に展開する可能性をさらに探索すべきと思います。 ・光格子時計について、世界最先端を継続してほしい。 ・基盤技術においても民間で活用できる技術は民間への移行を進める必要がある。 ・30年度には特筆すべき成果は光格子時計だけに見える。(自動はかりは計量法対応、DBは毎年同様の成果が出ているはず) ・自動はかりの国際的定義のハーモナイゼーションをすべきではないか。 4.領域全体の総合評価 【第4期全体(見込を含む)に対して:見込評価】 (評価できる点) ・当領域の知的基盤の整備、構築に関する取り組みは国内の産業基盤を支えるものであり、その役割を持つ研究機関として高度な研究及び業務を確実に取り組み、その成果を蓄積し、産業界に貢献している。 ・今期の研究の中には世界のトップにある成果もあり、引き続き国内の産業基盤を支える計量標準による知的基盤整備に努めるとともに、国際的に研究の優位性が確保できるよう、計量標準に関する研究・標準供給機関として高い研究レベルを維持し、さららなる向上を期待したい。 ・評価資料、数値実績より、当期の目標値を超えた実績が確認でき、当初目標値の設定が妥当性であり、目標値に対する個々の意識の高さが窺われる。 ・人材育成については、インターンシップを実施し、リクルーティングに努め、萌芽研究を通じて若手研究者への研究費を競争的資金として配分するなど若手研究者育成に力を入れていることは評価できる。 ・コンサルティングによる民間との協業・支援など、成果が高い。 ・計画達成のための活動が適切にされている。 ・目的基礎として進められた研究開発が橋渡し前期、知的基盤の整備に生かされていることが素晴らしい。 ・世界トップレベルの基礎研究を着実に実行しつつ、これらの成果の実用化を図るため、橋渡し研究を積極的に進めている。特に、知的基盤研究と橋渡し研究の2本柱を設定し、着実に実行している。各種数値目標も達成可能なレベルにある。 ・中期目標に従い着実に仕事が進められている。いくつか画期的な成果も見られており、研究所外への橋渡しも様々なチャネルを通じて実施されており、十分な活動内容と言える。 (改善すべき点及び助言) ・研究マネジメントにおいて、研究成果の他分野への展開や成果の活用機会の創生につながるよう、今まで以上に産業界、社会に対する研究成果の発信に務めてほしい。 ・各種数値目標は最終的な評価指標の一つではあるが、その数値を支える、また数値に表れない平素の研究・業務に対する評価のあり方を検討してほしい。当領域が持続的に業績を上げるために必要なマネジメントの一つとなると思われる。 ・マネジメントのPDCAがどのように行われているのか良くわかりにくい。 ・今期の目標設定がどのようであるか具体的にわかりにくいため、達成度の判断ができない。それぞれの項目について自己評価して頂きたい。橋渡しのどのフェーズにあるか、項目によって判断が難しいと思うが、資料上はわかりにくい。 ・コンソーシアムは、良い企画があれば、企業にとっても非常に役に立つと思われる。異なる業種の企業が参加できるようなコンソーシアム(共同研究)が立ち上がると良い。 - 120 -

元のページ  ../index.html#124

このブックを見る