平成30年度研究評価委員会(地質調査総合センター)評価報告書
26/140

する。また、調査によって得られたデータを活断層データベースと津波堆積物データベースによって公開し、社会へ最新の研究成果を提供する。活断層調査は第4期中長期目標期間内で全国の14断層帯の調査を行った。これにより国の活断層評価に使われる信頼度の高い地形・地質データを取得できた。また活断層データベースの改修と新規データ入力を行い、機能を強化するとともに、より使いやすいデータベースとした。平成30年度には陸域の断層帯である標津、糸魚川-静岡構造線、日奈久の3地域について調査を実施した。活断層データベースについては、2万2千件以上の調査データの追加や表示検索機能など各種改修を行った。平成31年度は活断層調査を継続し、得られた調査結果をデータベースにて公開する予定である。海溝型地震に関しては、千島-日本海溝沿い、相模トラフ沿い、南海トラフ沿いの沿岸で合計11地域の地形・地質調査を行い、津波浸水履歴及び隆起履歴に関するデータを得た。平成30年度は、沿岸海域の断層帯である十勝平野の調査を行った。また、津波履歴が残る千島、相模、南海の3地域にて調査を実施するとともに、これまでに得た津波堆積物の情報のうち、青森県と高知県のそれぞれ一部地域について津波堆積物データベースで公表した。平成31年度は、津波堆積物データベースにて浸水域情報を新たに公開する見込である。 ・火山地質図・火山データベースの整備 火山防災・減災のために、火山の形成史や噴火履歴を明示した火山地質図の整備が不可欠である。GSJは科学技術・学術審議会の地震火山観測研究計画に基づき、特に火山噴火予知連絡会によって監視・観測体制の充実等が必要な活火山に選定された50火山を重点化して噴火履歴調査を進めている。平成28年度は富士火山地質図(第2版)を出版し、“約50年ぶりに富士山の地質図を全面改定-防災・減災への寄与に期待-”と題してプレス発表を行った。平成29年度までに、蔵王火山、九重火山、鳥海火山、富士火山、阿蘇火山の5火山の地質図データを火山データベースで公開した。また、約260万年前以降に活動した第四紀の約450火山について火山地質情報を網羅した国内唯一の火山データベースを維持更新した。火山データベースは噴火災害時にヒット数が急上昇し、平常時でも月平均30万アクセスのデータベースに成長した。これは平成29年の草津白根の噴火後に、全国の火山分布を知るために「是非一度ご覧いただきたい」サイトとして有名ニュースサイトにて紹介された。平成30年度は、東京都伊豆弧の八丈島火山の噴火履歴をまとめ、海域と陸域の情報を統合した「八丈島火山地質図」を整備した。そして、雌阿寒岳、恵山、秋田焼山、日光白根山、御嶽山で噴火履歴調査を実施した。平成31年度には、恵山の地質図原稿が完成する見込である。また、全国の火山地質を20万分の1縮尺で閲覧可能な新しい火山データベースを公開する見込である。 ・地質情報の二次利用に向けた取り組み 政府のオープンデータ化戦略に沿って、地質情報の二次利用に向けて、地球科学図のデータ整備と標準化、そしてアプリケーション開発を行い、ウェブの公開を目的とする。平成30年度はオープンデータ配信を強化するために、5万分の1地質図幅について、新刊6地域のラスターデータと既刊30地域のベクトルデータを整備・公開するとともに、前年度までにベクトルデータの整備が完了した全地域のWMS/WMTS(ウェブ・マップ・サービス/ウェブ・マップ・タイル・サービス) の整備を行い、配信を開始した。GSJの成果として公開している各種地質情報データベースの利活用促進を図るため、主要なデータベースのデータを機械処理に適した機械判読可能で他のデータと組み合わせることが容易なLOD(リンクト・オープン・データ)として公開するとともに、標準化されたLOD配信システムの構築を行った。高解像度の画像資料の利活用を進めるため、機関間でのデータ相互運用を可能とする国際的な規格であるIIIF(トリプルアイエフ:International Image Interoperability Framework)準拠の画像データ公開システムを構築し、地質図幅(1,156件)及び明治期から戦前にかけてのGSJ出版物(1,366件)の画像データ登録を行った。地質図Naviの定常的な更新を継続している。GSJ成果物の提供として、新刊図幅のラスタデータを追加するとともに、閲覧時の利便性を向上するために地層名に対応した地名検索機能を地質図Naviに追加した。他機関データとの連携として、指定緊急避難場所(国土地理院)を追加した。また、地質情報を他分野の情報と組み合わせて活用する実例紹介として、鉄道路線- 22 -

元のページ  ../index.html#26

このブックを見る