平成30年度研究評価委員会(地質調査総合センター)評価報告書
136/140

・微化石自動解析、粘土系蓄熱材実用化など大きな成果が見られる。 ・火山噴出物解析は、国の要請に応えている。 (改善すべき点及び助言) ・30年度の実績・成果がよくみえない課題もある。 ・ハスクレイとGSJの中心的な業務との関係をより明確に説明できるとよい。鉱物研究の発展が見えてくると組織全体に対する評価が高くなると期待できる。コストとエネルギーバランスの検討も示せたらいい。 ・国の要請に応える研究は、知的基盤整備の一環にも思える。その辺りをどう整理しているのか。 4.領域全体の総合評価 【第4期全体(見込を含む)に対して:見込評価】 (評価できる点) ・GSJはわが国の地下をマネジメントできる唯一の機関であり、多方面に着実な成果を発信している。その成果は、第4期の期間を通じて毎年ステップアップしている。 ・技術指導やマーケテイングの強化にも成果をあげている。 ・国土の基盤的地質情報の蓄積・整備や資源・環境・災害に関する研究開発が総じて着実に進展しており,顕著な成果が得られている. ・産総研の領域間やGSJ内での連携や交流も行われており,科学技術の進歩や社会情勢の変化に短期間で対応できる組織体制が維持されている. ・トップダウンとボトムアップの良い面を活かそうとするマネジメントが試みられている. ・アジアCCOP諸国における地質情報の共有化・標準化に積極的に取り組み,リーダーシップをとって推進しており,今後の展開が期待できる. ・現時点で,第4期中期計画で想定していた以上の顕著な成果が得られることが予想できる. ・橋渡し機能強化・知的基盤の整備はどちらも確実な成果を挙げており、高く評価する。 ・女性雇用のために積極的に活動し、具体的な成果を挙げている点は高く評価できる。GSJの発展のために重要であるので、強調するとよいのでは? ・中期計画をもとに着実に前進しつつ特筆される成果も出ている。 (改善すべき点及び助言) ・地質研究は産総研の他の領域の研究とは異なる部分を有している。「論文数や民間資金獲得額」ではあらわせない重要な業務(図幅作成等)もある。よって研究評価基準にGSJ独自のものも追加してよいのではないか?これは職員の「研究意欲」にもつながるものである。 ・人材育成、シニア人材の活用など人事面でさらなる改善を要する。 ・GSJは,研究開発,人材育成のほか地質情報に関する知的基盤の整備や各種機関や報道・取材,各種相談への指導助言を行っている.国内には同様な研究組織がないため,GSJが目指す数値目標(論文数,引用数,外部資金獲得額など)が適切であるかどうかを判断することは容易でない.GSJとしてどのような割合でミッションに携わるのか(エフォート)について議論し,明示することについて検討していただきたい。筆頭著者数や責任著者数はリーダーシップをとって研究開発を推進してきたことを示す直接的な指標でもある.今後はこのような指標にも注目して組織全体のレベルアップにつなげていただきたい. ・人材育成について活動報告はあったが、中・長期的な検討も重要である。活動後の変化などの情報があると良い。 ・中期計画に加えて長期計画もあると思うので、GSJとしての大計/ビジョンも踏まえつつミッションに邁進してほしい。世界のスタンダードづくりも進めてほしい。 【とくに平成30年度に対して:平成30年度評価】 (評価できる点) ・成果の社会への還元(技術指導助言・プレス発表・イベントの開催)を積極的に行っている。 ・目的基礎研究,橋渡し前期・後期の研究開発が着実に進展しており,いずれも中期計画で想定していた成果を超える顕著な成果が得られている. ・CCOP諸国における地質情報の共有化・標準化に関する取組が今年度に初めて紹介されたが,今後も継続- 132 -

元のページ  ../index.html#136

このブックを見る