平成30年度研究評価委員会(地質調査総合センター)評価報告書
131/140

評価委員コメント及び評点 1.領域の概要と研究開発マネジメント 【第4期全体(見込を含む)に対して:見込評価】 (評価できる点) ・地質に関するナショナルセンターという自覚のもと、多方面に確実な成果を発信している。また、研究予算における民間資金の割合が増加しており、資金面に対する努力が窺える。さらに、「GeoBank」といった新しい試みを実施し、GSJの研究成果を広く社会へ還元するシステム作りも試みている。これらの点は、第3期に比べて特筆される点である。 ・国土の基盤情報を蓄積・整備し,総合的に管理する我が国唯一の組織として着実に発展している. ・ミッションがバランス良く設定され適切なマネジメントが行われている. ・基礎研究の成果がおおむね計画通りに事業化されている. ・人材育成のための施策が実施されている. ・各項目の目標達成率は想定以上に高い状況にある. ・図幅や研究を計画的に行われており、最先端をサポートするためのedge researchや人材育成を考えて導入された修士採用を高く評価できる。 ・女性研究者の雇用も順調のようであり、人材ダイバーシティ強化を積極的にとり組んでいる印象を受ける。 ・ミッション遂行への意識が高いことが評価/モニタリング指標に現れている。特に民間資金獲得の増加は、今後のGSJの事業展開に重要と思われる。 (改善すべき点及び助言) ・GSJの研究内容には経験や知識が重要となる研究も多い。シニア研究者の活用法は第5期に向かっての課題といえる。 ・GSJには、大学や民間の研究機関にはない技術研究集団としての強みがある。連携し、組織としての力を発揮できる体制を整えてほしい。(説明資料ではこの点が少々解り難い) ・地質部門にはローカルであっても重要な研究がある。IFだけに頼らない研究評価を期待したい。 ・退職したシニア人材の活用について,GSJとして組織的,かつ具体的に取り組むことが望まれる. ・個別の研究開発成果について評価することは比較的容易だが,GSJは多様なミッションをかかえているので,GSJ全体の研究開発成果を評価することは必ずしも容易ではない.外部評価を効果的に活かすためにも,GSJとしてどのような割合でミッションに携わるのか(エフォート)について議論し,可能であれば明示しても良いのではないか. ・中期的・長期的に関する展望についてもっと説明してほしかった。18歳の人口が減っており、予算が増えると予想しにくく、組織に対する要求が高まるだろう。その環境を背景により少ない材料でより多くの成果を挙げるニーズが高まると考える。その中期・長期的な対策に関する説明・検討は必要であるが、より具体的な説明がほしかった。 ・JAMSTEC・JOGMECなどの国内組織と共通な研究課題があるので、それらの組織との連携による効率化に関する検討が重要な課題であると考える。 ・GSJの特徴としての知的基盤の整備は、今後社会の高度化複雑化により、否応無く重要な使命になると思われる。基盤の質の保証、管理、向上、維持、アクセスの戦略が説明ではよくわからなかった。科学技術への信頼が揺らぎつつもある時代なので見える努力によって一般社会からの信頼をさらに高めてほしい。 【とくに平成30年度に対して:平成30年度評価】 (評価できる点) ・国際誌論文発表で筆頭著者論文数が増加しており、被引用数も増加している。 ・GSJの成果の社会への還元(技術指導助言・プレス発表・イベントの開催)に力をいれている。 ・修士型研究職員の採用、シニア人材のさらなる活用など人事面に新しい視点をいれている。 ・評価委員会のコメントを受けてGSJのミッションや全体のマネジメントについて再確認と改善が行われた. ・中期計画を効果的に実現するための重点的課題が適切に抽出されている. - 127 -

元のページ  ../index.html#131

このブックを見る