平成30年度研究評価委員会(生命工学領域)評価報告書
96/100

・目的基礎研究と橋渡し前期研究のカテゴライズについては,産総研全体の方針を反映した戦略をより明確に示すべきである。民間資金獲得に関する目標設定に,若干の無理があったことは否めない。産総研全体の戦略にもう少し合わせる方向も包含すべきであったかもしれない。 ・本領域の研究対象は他領域と比較して、基盤から応用まで幅広い。それらを同じ尺度で評価することは難しい。中長期の流れで分類するのみならず、それぞれの研究テーマの立ち位置、役割も考慮されることが望ましい。例えば、■一刻も早い産業化を目指すテーマなのか、Nature or Science の表紙を飾るニュース性あるテーマなのか、■海外と競争して凌ぎを削るテーマなのか、ドメスティックな独自テーマか、■産官学の大きな体制を組むテーマか、産総研独自のブランディングとして深化させるか、■論文化優先か、知的財産化か、■最小公倍数を目指すか、最大公約数を目指すか。それぞれに価値があることを意識して、多様な尺度を以って次期に繋いでもらいたい。 【とくに平成30年度に対して:平成30年度評価】 (評価できる点) ・3Dプリンティング用技術による医療材料(人工歯)実用化や、リグニンのない植物細胞壁形成において、大きな進度を得た。 ・マーケ力強化で大型連携事業等の推進や、新民間企業との新規共同研究創出案件などまだ現れてはいないが、民間資金獲得のための施策が実を結びつつある。 ・各センターや部門の研究員の研究活動が、多くの成果に着実に結びついている。研究開発ロードマップや研究の重点化に伴う戦略的な研究資源の投資の在り方など、研究ステージの移行と成果の経緯が明確に示されている。研究開発のトピックスなどを一過性の成果としてではなく時系列的に示すことで、全体の動きや開発戦略が見えやすくなった。 ・前年度までの流れを受け,橋渡しへの具体的展開が多くみられていること,目的基礎研究における独自性の高い研究成果,橋渡し前期研究における強みを最大限に活かした成果,そして優れた起業に複数成功していることを高く評価したい。 ・歯科領域、農工領域など特筆すべき多様な成果が挙がっていることに注目したい。日本の農産物生産は、エンジニアリング、計測技術の変革が充分には適用されていなかった領域であり、産業的な貢献が期待できる。 ・歯科領域やアルツハイマー病との関連が言われる腸内細菌叢など、今後加速する高齢化社会を展望して実用化価値ある研究も成果が出始めていることも評価できる。 (改善すべき点及び助言) ・橋渡し研究後期における価値創出のロジック構築といくつかの実課題を通じたトライアルを至急すべきと提案したい。 ・大学や他の研究機関との連携に関しては、その内容が見えていない。費用対効果を計れるような管理・整理が必要と考える。例えば、連携活動に基づく共同作業によって獲得した公的ならびに民間からの研究資金を具体的な数値として計上することも産総研の活動の成果として対外的に示すことができると考える。 ・独自性の高い技術を多く保有している本領域だけに,民間資金の導入実績,民間企業からの出資等に関しては,より長期な具体的戦略立案があれば,と感じる。 ・実地供覧を受けた研究テーマでは、イノベーションを担う優れたリーダーの存在が印象的であった。こうした推進力あるリーダーの存在が次の世代の若手研究者の成長に直結する。イノベーション人材育成が進む風土環境としても、企業は注目したい。 4.評点一覧 【第4期全体(見込を含む)に対して:見込評価】評価委員(P, Q, R, S, T)による評価評価項目PQRST領域の概要と研究開発マネジメントBS/AA/BS/AS/A「橋渡し」のための研究開発 「橋渡し」につながる基礎研究 (目的基礎研究)S/ASS/AS/AS 「橋渡し」研究前期における研究開発AAA/BS/AS/A 「橋渡し」研究後期における研究開発A/BBAAS領域全体の総合評価A/BAAS/AS/A- 92 -

元のページ  ../index.html#96

このブックを見る