平成30年度研究評価委員会(エネルギー・環境領域)評価報告書
124/132

・[環境影響評価技術]インベントリーデータ(IDEA)の構築と普及[P120]:世界各国と連携し、特に経済活動の活発なアジア地域を中心としたデータベースの枠組み構築は、エネルギー環境領域の方向性にも影響する重要な活動として評価したいと思います。 ・別添-1. 地域の地下水環境を有効活用した地中熱交換器の開発[P125]:地下水分布の把握、予想に使用するデータの入手は困難が予想されますが、福島県地中熱事業協同組合との連携による成果として、高く評価できると思います。 ・別添-2. 内燃機関の高度化にかかる現象解明研究[P126]:燃焼室内のデポジット生成メカニズム解明に基づいて高度化された現象モデルが自動車会社採用に至っており、完成度の点で高く評価できます。 ・水素を用いたエネルギー貯蔵技術に関し、民間資金を活用しつつ延床1000m2の実証システムを稼働させた点を高く評価する。水素エネルギーに対する世界的関心の高まりは、領域戦略の正しさを証明している。 ・外国向け大型パワーコンディショナーの系統連系認証を、国内で容易取得できる整備を行った点を高く評価する。 ・SiCウエハの高機能化からデバイス、モジュールの量産化技術を、TIA、R&Dプラットフォーム 大型共同研究体(国プロ大型共同研究体:TPEC (コストシェア) 24社、国プロ:SIP 30社)と様々な共同研究スキームを駆使して展開し、多大な成果をあげていることをきわめて高く評価する。 ・SJ技術で大成功 ON抵抗大幅減を高く評価する。 ・パワーエレクトロニクスでは、実用化が始まりつつあるSiCの産業用途拡大に必要な技術の一つであるスーパージャンクション技術による通電時抵抗低減、また250℃対応の耐久性、高速応答などを達成、大型ダイヤモンド結晶成長など世界トップレベルの技術検証ができている。 ・環境影響では、IDEAを構築し国際的に通用するLCAのデータベース構築ができた。 ・民間資金獲得目標が上がる中、金額では大幅に下がることなく維持できており、産業界からの期待に応えていると理解できる。 ・環境影響評価という個別企業では取扱えないテーマも日本の産業に共通する基盤として着実に前進させている。 ・パワーデバイス分野では、わが国の研究開発のリーダーシップを発揮し、多くの成果が得られ、今後が期待でき、高く評価される。 ・パワエレについては、オープンイノベーション拠点としてのハブ機能として、産学官の連携による価値の極大化のみならず、人材育成にも大きく貢献している。基礎研究から事業化までのロードマップが明確で、着実な成果がでている。 ・環境影響評価のデータベース構築では、国研として重要な役割を果たされている。LCAは成果の定量化が難しいが、持続可能な社会の実現を支える取り組みとして評価されるべきである。 (改善すべき点及び助言) ・SiC パワーデバイスは実用化も近づき、国際競争力をどのように発揮するかの視点も重要。知財による権利化行使のためにも、国際特許の取得を含めた特許戦略が必要。 ・当領域の研究テーマは基盤技術も多く、製品開発のような明確な開発値設定や現在の3つの研究期間に分類するのが難しい技術も存在すると考えられる。基盤技術に関しては、計量標準総合センターや地質調査総合センターのような他の産総研研究部門の研究管理を参考にしてもよいのではないか。 ・[パワーエレクトロニクス]炭化ケイ素半導体(SiC)パワーデバイスの量産実用化技術開発[P107]:レシピ登録が、ノウハウやそれに近い内容を特許として出願し、公開せずに取り下げることにより他社、他国の特許化を防ぐということでしょうか。もしそうであれば、このやり方は海外特許出願に対しても有効な手法なのでしょうか。海外にまねをされないための、二重、三重の工夫をお願いします。 ・[パワーエレクトロニクス]超高圧領域用炭化ケイ素(SiC)半導体バイポーラデバイス[P108]:劣化対策では、メカニズムの解明が重要と考えます。劣化モードを仮定してモデルを立て、モデルの妥当性を検証し、その後対策を立てるのが通常のやり方です。劣化問題の原理的な解決の道筋を示す必要があるのではと考えます。 ・[パワーエレクトロニクス]1kV級高温高速動作SiCパワーモジュール[P109]:評価方法の国際標準化において、モジュールの小型化で鍵となる熱対策を取り入れた評価法等を規格化することで、我が国が有利になる戦略的標準の提案をお願いします。 ・[環境影響評価技術]事業者による工業用ナノ材料の安全性評価のガイダンス[P116]:ナノサイズの新材料は、次々に市場に投入されている現状を考慮すると、新材料を検知するアンテナを常に張り巡らし、安全性評価の是非を即座に判断できる体制と、評価すると判断した場合の連携先を整える必要があると- 120 -

元のページ  ../index.html#124

このブックを見る