平成30年度研究評価委員会(エネルギー・環境領域)評価報告書
121/132

必要と考えます。 ・[太陽光発電]太陽電池性能屋外高精度評価技術[P81]:本技術は、国内だけではなく、国外においても評価法の標準化が非常に重要と考えます。特に国際間調整で多くの労力が必要になる可能性がありますが、是非、成立させてください。 ・[物質循環]環境微生物解析手法における対象微生物種の拡充と産業廃水汚泥への適用[P89]:研究成果を日本の産業活性化に活用するため、水資源管理と循環の観点からビジネスや装置にフローダウンし、次期研究開発のシナリオ策定に結び付けてください。 ・[物質循環]環境微生物解析手法における対象微生物種の拡充と産業廃水汚泥への適用[P89]:網羅的解析の効果と適用先例を提示ください。また、効果が薄い産業廃水汚泥の共通した特徴の解明も、次期研究の目的に上げてください。 ・[物質循環]逆浸透(RO)膜ろ過法における膜閉塞機構の解析[P90]:水の問題は、水不足、飲料水、各種産業、災害など全人類が今後直面する最大の課題につき、産総研殿が主導しあるいは方向性を示して実行的対策に結び付くよう、本研究を拡大・発展させていかれることを希望します。 ・[物質循環]逆浸透(RO)膜ろ過法における膜閉塞機構の解析[P90]:閉塞原因物質の解析結果を対策に役立てるのは、具体的にはどの組織が担うかを明確にしていただきたい。 ・[物質循環]戦略的都市鉱山構築のための金属回収技術の開発[P91]:経済性は重要ですが、ゼロエミッションを領域の目標とするのであれば、貴金属、レアメタルだけではなく一般汎用金属のリサイクル、リユースの効率化研究が大きく前進することを期待します。 ・別添-1. メタンハイドレートからのガス生産に係る圧力コア評価技術の開発[P94]:大規模なプロジェクトになると思いますが、具体的なビジネスモデルを構築する時期に来ていると思いますので、アクティブにリーダーシップを取ることを期待します。 ・別添-2. 固体酸化物形燃料電池(SOFC)の耐久性評価方法開発[P95]:SOFCの普及期に入ったと言われていますが、評価方法を国内の普及にとどめるのではなく、国外の産業会にも広く認められるよう、IEC国際標準の制定を目指すことを期待します。日本が得意とする寿命/耐久性などの特性、特徴に焦点をあてた標準を制定すれば、日本のSOFCのプレゼンス向上に間接的に寄与し、それは国益につながると思います。 ・かつて世界を席巻していた太陽電池産業も今は見る影もありません。第4期で得られたすばらしい個別技術をどのようにシステム化して産業としていくか、その青写真をぜひ描いていただきたい。 ・ISO、IECへの貢献は大いに歓迎すべきだが、そのことが我が国の産業保護・育成にどれだけ将来的に資するかについても自己評価いただけると更によい。 ・世界のPV市場拡大に対し、PVのロードマップが達成したとき日本の技術はどこまで行くのか、また、コスト目標を掲げているところが革新的太陽電池にないことは、コストシナリオが無く、いつ貢献できるかわからないと読めた。その状態で研究をやっても橋渡し先が無く、その先の国際競争で勝ち抜く企業の姿が見えてこない。橋渡し前期のテーマや目的基礎が何のためにあるかが読み込めなかった。NEDOの目標をそのまま転記するのではなく産総研が民間の意見も加味して独自に産業育成・新規市場開拓という視点からのロードマップを提案する時期に思う。 ・物質循環は、日本の産業・企業が何を解決しないといけないと考えているか、また、自治体のごみ焼却やリサイクルで何を解決する必要があるかを理解できなかったため、研究の出口理解が不足した。戦略課題を2つ掲げているが、日本における課題を整理して示し優先順位をつけてもらうと理解が進む。 ・どこまでやれば、次のフェーズ、あるいは、企業との連携が進められるか、目標設定の明確化も必要でしょう。 ・種々の研究開発テーマが展開されているが、研究開発成果のインパクト等を考慮した研究開発テーマの再考も必要でしょう。 ・再生可能エネルギーは、非常に重要だが、太陽光、風力、地熱等と総花的であり、重点化が必要と考える。例えば、Shell Sky Scenarioによれば、2050年(2070年)、太陽光、風力、地熱は、各々、22TW(54TW)、15.3TW(22.5TW)、4.8TW(6.6TW)とある。従って、競合領域を包含した研究開発のロードマップの策定や連携を期待する。 ・将来の社会基盤構築や世界の市場を考えると、太陽光に大きな期待がある。 ・海外に対して、勝てる展開を期待する。 ・物質循環は、シーズオリエンティドの研究開発の印象であり、社会貢献に向けた展開を期待する。 ・リサイクルなどは、領域内外の横断連携強化を期待する。 ・太陽電池高性能化に関して、複数の技術が検討されているが、最終目標は同一なのか、あるいは適用先が異なり要求仕様が異なるため複数研究されているのか、全体戦略が現状のロードマップとポートフォ- 117 -

元のページ  ../index.html#121

このブックを見る