平成30年度研究評価委員会(エネルギー・環境領域)評価報告書
119/132

質が重要ですが、アウトプットの変化には重大な問題を内包している場合があります。詳細な調査分析により、原因の徹底的な究明をお願いします。 ・[蓄電池]金属多硫化物正極材料の開発[P47]:電気自動車用を目指して航続距離延伸を狙うのであれば、出力性能は犠牲にできますが、入出力特性も一定レベル以上の性能が必要です。エネルギー密度と同時に出力密度も評価軸に入れるようお願いします。 ・[蓄電池]新型カリウムイオン電池の開発[P48]:開発された正極材は、高い酸化還元電位に曝されるため、電解液との副反応が避けられないはずです。長寿命化に対する5V級電解液の開発などが別途必要なのではないでしょうか。 ・[蓄電池]金属-空気電池用材料の開発[P49]:コバルトと白金の性能比較には、重量などを規格化する必要があると思います。金属-空気電池の最大のメリットは重量エネルギー密度であるので、Wh/kgでの比較をお願いします。 ・[蓄電池]硫化物系全固体電池の実用化に向けた取り組み[P48]:写真から負極が多層構造に見えますが、従来のリチウムイオン電池負極に比べてコスト増にならないでしょうか。製造、アセンブリプロセスにおける課題についても検討をお願いします。 ・[水素]ギ酸・メタノール/CO2の相互変換を利用したエネルギー貯蔵[P59]:技術的な課題解決と並行し、経済性の成立、CO2削減効果など、システム導入時のメリットを定量的に把握することが重要だと思います。 ・[水素]太陽エネルギーを用いた光電気化学的な反応による有用化学品製造[P60]:有用化学品を高効率で製造できる光触媒を見出し、開発するには優先順位があると思いますので、判断基準を明示していただけないでしょうか。 ・[水素]未利用炭素資源からのCO2分離型発電技術の開発[P62]:国内でEOR用途はないので、分離した高濃度CO2の有用な利用方法を考えて欲しいと思います。 ・電池の材料研究成果は世界最先端と理解できるが、EVを出口にしたとき本年度にこれだけを達成しておけばよいかが理解できなかった。水素の成果はどの産業・企業がこれを引き受けそうか、産業界の声との関連付けが必要。 ・蓄電池、例えば、Na正極材料などは、競合材料が非常に多く、競争が激しい。例えば、車載用蓄電池などは、早期に、「橋渡し」後期に移行すべきテーマのように思う。 ・例えば、水素エネルギーは、期待は大きいものの課題は多く、国内外の否定的な意見を持つ方々との議論も含めて、進めて欲しい。アンモニア製造利用技術も、将来像を明らかにして、進めて欲しい。 ・ロードマップ、ベンチマークの練り上げ。ロードマップを個別技術ごとに作成し、おおまかなマイルトーンを明確にすべき。同一目的に対して複数の手法を平行して進めている場合は、トールゲートを設け、中断する判断も必要ではないか。 (2)「橋渡し」研究前期における研究開発 【第4期全体(見込を含む)に対して:見込評価】 (評価できる点) ・太陽光発電においては、スマートスタック太陽電池の実現、低コストHVPEによるⅢ-Ⅴ族化合物太陽電池、CIGS薄膜化合物太陽電池の高効率化など、各太陽電池における発電効率や高速成長技術が着実に進展している。また、太陽電池性能の屋外高精度評価ではモジュールの発電データに基づいた発電量推定の知見獲得が進み、安定的電力需給のシステム運用実現に向けて前進している。また、IEC国際標準化活動では、TC82のChair獲得、Expert8名派遣など、日本の技術を国際的に先導している。 ・物質循環に関しては、大きく水処理監視・制御技術と戦略的都市鉱山の要素技術の開発が進んでいる。水循環技術では微生物群集の網羅的な解析による排水処理の高効率化、戦略的都市鉱山研究拠点(SURE)コンソーシアムを中心としたレアメタル分離や無人選別技術などプラントも含めた金属リサイクル技術の開発が進んでいる。 ・[太陽光発電]スマートスタック技術による高効率多接合太陽電池[P78]:変換効率30%超を実現する目途が得られたことは、他社、他研究機関と比べても、世界トップレベルにあることは評価できると思います。 ・[太陽光発電]低コストHVPEによるⅢ-Ⅴ族化合物太陽電池の超高速成長[P79]:新規材料の導入も含めた低コスト化技術が着実に進められており、太陽電池全体への技術波及効果も期待できる。 ・[太陽光発電]CIGS薄膜化合物太陽電池の高効率化[P80]:軽量、低コストかつ多様な場所への設置が可能という売りに加え、20%超の発電効率性能により、ウェラブル機器の拡大する要求に応えることがで- 115 -

元のページ  ../index.html#119

このブックを見る