平成30年度研究関連業務評価委員会評価報告書
45/364

Ⅰ.1.(11) 「橋渡し」機能強化を念頭に置いた領域・研究者の評価基準の導入 【中長期目標】 「橋渡し」研究では事業化に向けた企業のコミットメント獲得が重要であることから、「橋渡し」研究を担う研究領域の評価を産総研内で行う場合には、産業界からの資金獲得の増加目標の達成状況を最重視して評価し、資金獲得金額や受託件数によって、研究資金の配分を厚くするなどのインセンティブを付けるものとする。但し、公的研究機関としてのバランスや長期的な研究開発の実施を確保する観点から、インセンティブが付与される産業界からの資金獲得金額や受託件数に一定の限度を設けることも必要である。また、具体的な評価方法を定めるにあたっては、一般に一社当たりの資金獲得金額は小さい一方、事業化に関しては大企業以上に積極的である中堅・中小企業からの受託研究等の取り扱いや、研究分野毎の特性に対する考慮などを勘案した評価方法とすることが必要である。 【中長期計画】 「橋渡し」研究では事業化に向けた企業のコミットメント獲得が重要であることから、「橋渡し」研究を担う領域の評価を産総研内で行う場合には、産業界からの資金獲得の増加目標の達成状況を最重視して評価し、資金獲得金額や受託件数によって、研究資金の配分を厚くするなどのインセンティブを付ける。但し、公的研究機関としてのバランスや長期的な研究開発の実施を確保する観点から、インセンティブが付与される産業界からの資金獲得金額や受託件数に一定の限度を設ける。また、具体的な評価方法を定めるにあたっては、一般に一社当たりの資金獲得金額は小さい一方、事業化に関しては大企業以上に積極的である中堅・中小企業からの受託研究等の取り扱いや、研究分野毎の特性に対する考慮などを勘案した評価方法とする。 【平成30年度計画】 ・「橋渡し」研究では事業化に向けた企業のコミットメント獲得が重要であることか ら、平成30年度も引き続き「橋渡し」研究を担う領域への研究予算は民間資金獲得 実績を最重視して行う。 ・各領域の評価に際しては、数値目標を掲げた民間資金獲得額、論文発表数、論文の合 計被引用数、実施契約等件数、イノベーション人材育成人数の達成状況に加え、具体 的な研究成果や知的基盤の整備状況等、上述の評価軸、評価指標及びモニタリング指 標に基づいて行う。評価結果については平成31年度の研究予算の予算配分に反映さ せる。 【実績】 領域に所属する研究を主務とする研究職員数に比例した配分額(基礎配分)を平成29年度と比して約75%に削減し、民間資金獲得額に応じて配分するインセンティブ予算(実績評価配分)の研究予算に占める割合を平成29年度と比して5%増やした。 【効果】 実績評価配分を実施することにより、第4期中長期目標の最重要の経営課題である「橋- 41 -

元のページ  ../index.html#45

このブックを見る