平成30年度研究関連業務評価委員会評価報告書
355/364

アプローチが可能ではないかと思われる。 ・全体的に案件形成については目に見えた形で成果が出ており評価できる一方で、アウトプットが必ずしも目に見えた形でなく、実際に世の中でどういう形で役に立っているかが見えてくると、より評価しやすくなると思う。もちろん、研究開発であるので、短期に多くの成果が表れる性格のものではないことは承知。 ・国際標準について、産総研として多大な貢献をしており、これに関与する研究員も相当なエネルギーを傾注していると想像される。こうした取組みに対しても人事評価面で適正に評価される仕組みを検討されることを期待。 ・技術コンサルの有料化に伴う企業への影響も鑑み、今後もバランスよい運営を期待したい。 ・グローバルな他拠点(たとえばフランホーファーなど)と比較したときにAIST実績をどのように評価するか、交流を通じて得られた見解についても公開し、今後の活動に繋げていただきたい。 ・関係ができた企業の業種や規模を解析し、日本が伸ばしたい分野、と連動して進めていただきたい。 ・標準化など知財戦略に特化した冠ラボの創設も考えてはどうか。民間の標準化人材育成の効果。 ・ベンチャー支援について、H30年度の取り組みが単年度で終わらないように根付かせる努力を望む。 ・ICの増員により、地域への産総研の影響力が増したことは間違いない。さらなる地方への「橋渡し」を実施するため、大学と産総研とのクロスアポイント制度の様な取り組みを地方の公設試とも行い、産総研研究者が地方をさらに認識するような取り組みがあっても良いと思われる。この取り組みは、地方の公設試にとっても良い刺激となり、両者にとって有益な取り組みとなり得ると思量。 ・[地域イノベーションの推進]産総研IC制度は、「橋渡し」機能強化にとても良い制度だと思います。公設試との人的交流は拡大されておりますが、更なる関係強化が必要だと考えます。また、公設試以外の機関でも同様の人的交流・関係強化ができればと良い考えます。 ・[地域イノベーションの推進]技術相談における中小企業の件数が減少傾向にあるので、技術相談制度の認知度を高めて頂き、「橋渡し」機能の拡大を図り、民間資金獲得額に寄与できれば良いと考えます。 ・[産学官連携拠点の形成]様々な機関との連携・協力が図られているので、研究分野の連携・協力だけに留めるのではなく、連携・協力機関における業務の進め方や企業との共同研究に対する取り組み等の情報交換を行ない、参考となる活動は産総研に取込んで頂きたい。 ・冠ラボや大学との連携の結果、成果を表す数値もそれなりに見えるが、比較が見えてこない。更に地域や中小企業の顔も見えてこない。国の機関だからこそ、地域を見据えて事業サポートができると思う。地域をもう少し、取り上げていただきたい。 【とくに平成30年度に対して:平成30年度評価】 (評価できる点) ・コンサル件数が着実に伸びているうえ、顧客満足度も極めて高く、その後の連携にもつなげられている。 ・IC主導による共創型コンサルにより多くの大型研究テーマが領域の壁を超えて実現しているということで、マーケティング力強化の成果が伺われる。食品業界など、新規分野開拓も進められており、今後もこうした新たなマッチング先の開拓が期待される。 ・テクノブリッジクラブの加盟企業数、連携研究数とも明示的な目標を設定したうえで、それを超えた実績が上がっている。 ・VC等からの出資額に顕著な成果が見られた。 ・コンサル実施前の地道な活動(地域センターの個別説明会、専任担当者の設置など)が、コンサルの年度目標を大幅に上回る事に繋がっている事は大いに評価できる。 ・「テクノブリッジフェア」「共創型コンサル」「民間経験を有するICの採用」等の全方位での努力も大型連携の増加に繋がっていると考えられる。 ・マッチングイベントや産総研ベンチャーの知名度向上等の努力により、ベンチャーキャピタルからの出資目標額の3倍近い出資が得られたことは大いに評価できる。 ・[マーケティング力の強化と大型連携の構築]技術コンサル制度では、年度目標を大幅に上回る実績を上げており、件数、1件当たり価格も増やしている。また、企業の満足度も高まっており、「橋渡し」機能を十分果たすことができた。 ・[マーケティング力の強化と大型連携の構築]「冠ラボ」の設置件数も目標を達成し、新規の設立に向けた取り組みも進めており、共創型コンサルでは新たな業界との連携に進展した点。 ・[研究成果の出口戦略]産総研技術移転ベンチャー企業への出資額が目標を大きく上回り、事業の安定化を図ることができた点。 ・[地域イノベーションの推進]地域中核企業との連携研究は目標を上回る件数が達成され、「橋渡し」機- 351 -

元のページ  ../index.html#355

このブックを見る