平成30年度研究関連業務評価委員会評価報告書
130/364

【前年度の主な評価コメントへの対応】 (技術的ポテンシャルを活かした指導助言等の実施) <評価コメント(改善すべき点及び助言)> 技術ポテンシャルを活かした指導助言等の実施:技術コンサルティング制度による指導助言の件数は増加しているので、指導助言を行っている企業から産総研がお役に立てる企業が他にないか情報を集め、更に指導助言の機会を増やして頂きたい。また、指導助言が終わった企業に対して定期的に連絡を取り、技術上の悩みはないか等のヒアリングを行い、関係を繋げていくことも大切だと思います(テクノブリッジフェアがそうかと思いますが)。そうすれば何かあった時に、「そうだ!産総研があった!」と思ってもらえるのではないかと思います。 <対応・反映の状況> 共創型技術コンサルティングを起点とする組織的連携において、当該企業専任のイノベーションコーディネータを配置し、緊密にコミュニケーションを取ることで、当該産業に共通する本質的な課題を見出し、それに基づき幅広い企業に対して産総研技術を生かしたソリューションを提案することができた。 <評価コメント(改善すべき点及び助言)> 技術コンサルティングとしてコンセプト共創型については、優位な技術を有している中小企業との連携を一層強化していくことが望まれる。元々付き合いのあるところからでないとなかなか発展できないということは十分に理解できる。他方で、その最初のとっかかりを持たない企業を発掘することにも工夫を期待したい(確かに費用対効果の面で、制約があることは承知)。 <対応・反映の状況> 技術のニーズ・シーズマッチングシステムや地域における技術展示フェア等を活用し、地域の中小企業を幅広く発掘するとともに、新規に技術コンサルティングを利用する中小企業には技術コンサルティング料を減額する支援を行い、これまで連携実績のなかった中小企業との連携を促進した。 (マーケティング力の強化) <評価コメント(改善すべき点及び助言)> 近年、境界領域および領域をまたぐ技術開発・研究開発の必要性が出てきている。領域横断的なプロジェクトの創成を目指すことは大変必要なことである。そのため、IC 間の連携を図る「拡大技術マーケティング会議」は、非常に良い取り組みと考えられる。IC 相互間の技術および企業に関する情報共有を通じて、地域連携の強化につなげてほしい。 <対応・反映の状況> 研究領域、TIA推進センター、地域センター及びイノベーション推進本部のイノベーショ- 126 -

元のページ  ../index.html#130

このブックを見る