平成30年度研究関連業務評価委員会評価報告書
12/364

析により、従来説を覆す新たな水素脆化モデルを提唱した。平成29年度には水素先端世界フォーラムを主催、平成30年度には日・中・韓ワ-クショップを共催した。 平成31年度は福岡市において水素先端世界フォーラムと日・中・韓ワ-クショップを主催予定である。 【効果】 GaN-OILは愛知県内の大学や企業との連携を促進し、地域・中小企業への「橋渡し」を推進してきた。さらに平成30年度から、新施設「エネルギー変換エレクトロニクス実験施設(C-TECs)」を活用して、大手企業とのベンチャー立ち上げを協議中である。 HydroMateは、金属材料の世界的に類を見ないマルチスケール解析可能な拠点を整備し、産総研の「橋渡し」につながる基礎研究を推進してきた。さらに、平成29年度より国際フォーラムやワークショップ開催を通して、九州を中心として世界最先端の拠点形成や東アジアでの連携形成の実績もあげた。 以上のように、GaN-OIL及びHydroMateが、愛知県及び福岡県内の大学や企業と連携することで、当該地域の発展のみならず日本の競争力強化に繋がった。 - 8 -

元のページ  ../index.html#12

このブックを見る