平成29年度評価委員会(計量標準総合センター)評価報告書
40/104

当領域特徴•標準確立ため技術開発•顧客自身+ 標準供給事業者•それ自体(営利)事業化難しい光格子時計アボガドロ定数領域コアコンピタンス標準・校正技術等関与フェーズ1. 技術開発2.による分析評価3.を応用した製品等開発領域コアコンピタンスを磨くことで企業ニーズ各フェーズに関与27校正・依頼試験•計量標準総合センター業務として実施する(三号業務)•校正・依頼試験費用定められている。•結果校正証明書として発行される。•校正・依頼試験対象決められた校正器物みである。•校正・依頼試験決められた方法・手順で実施され定期的監査を受ける。•新たな校正品目・項目制定一定数以上需要存在する案件に限られ、また制定に長時間を要する。28計測技術コンサルティング•校正・依頼試験リストにない測定・分析対象や条件・手法による測定・分析実施。•依頼者要望に応じたオーダーメイド測定・分析実施。•測定・分析原理や手法に関する情報提供・技術指導。- 36 -

元のページ  ../index.html#40

このブックを見る