平成29年度評価委員会(情報・人間工学領域)評価報告書
94/118

1111.H30年度3年計画最終年度であり,A, B, C課題すべてまとめを行い,プロジェクトを終了する.2.日米欧三極連携(国交省,SIP)および日独二極連携(内閣府,SIP)による研究成果海外発信と連携を継続するとともに,第2回SIPヒューマンファクター研究開発成果発表シンポジウムを開催し,成果を国内に広く発信してゆく(7月に開催予定,約300人来場を計画).3.国際標準(ISO/TC22/SC39/WG8)について,すでに成果を反映したドキュメントTR21959 Part1を近日に発行予定.Part 2について4月PragueでISO会議でキックオフを経て,2019年末発行を目指す.Part 1, Part 2ドキュメント作成ともに産総研主導で行っている.H30年度全体計画ISO TR21959Road Vehicles: Human Performance and State in the Context of Automated DrivingPart 1 -Terms and DefinitionsPart 2 -Experimental guidance to investigate human takeover4.国際基準(UN-ECE/WP29/R79)について,引き続き自工会に向けて成果を発信する.国立研究開発法人産業技術総合研究所2.-(3)「橋渡し」研究後期における研究開発112- 90 -

元のページ  ../index.html#94

このブックを見る