平成29年度評価委員会(情報・人間工学領域)評価報告書
85/118

国立研究開発法人産業技術総合研究所屋内での車両測位技術へ–VDR–•VDR (Vibration-based Vehicle Dead Reckoning)–車両に特化した測位技術(PDRの歩行速度推定の代わりに振動に基づく車速推定手法を開発)–計測実績:普通乗用車(GPS測位の補完目的)5車種、フォークリフト(動線・稼働状況解析目的)50車種以上、鉄道(都心地下鉄、モノレール含む)6路線(路線距離:200km以上)、台車15種類、ショッピングカート(小売店内での動線追跡)4種類、ラジコンカー(玩具)3種類93PDR技術の4要素姿勢推定地磁気方位補正歩行速度推定進行方向推定車速推定VDR技術の4要素姿勢推定地磁気方位補正車速推定進行方向推定93国立研究開発法人産業技術総合研究所VDRを構成する要素技術•車両(車輪のある移動体)の速度は、新たに開発した振動特徴量と高い相関性を示す94加速度・角速度センサの出力に基づいて得られる振動特徴量から速度を精度良く推定できる車両(車輪のある移動体)に共通して、この振動特徴量が適用可能であることを確認した94- 81 -

元のページ  ../index.html#85

このブックを見る