平成29年度評価委員会(情報・人間工学領域)評価報告書
72/118

国立研究開発法人産業技術総合研究所開発技術の現状道路橋各部位を対象にした実験で、検出精度82.4%、度20.6秒/枚機能:某ソフト開発技術見落としも誤検出も少ない技術を開発●いつでもどこからでも利用可能ひび割れ検出機能をWebサービスとして実装●処理が集中しても遅滞なく安定した結果出力が可能スケールアウト可能なシステム構人(専門技術者)開発技術汚れが目立つ対象でも人に近い識別能力を実現性能:67国立研究開発法人産業技術総合研究所検出結果の比較開発技術市販ソフト点検者元画像68- 68 -

元のページ  ../index.html#72

このブックを見る