平成29年度評価委員会(情報・人間工学領域)評価報告書
71/118

国立研究開発法人産業技術総合研究所本課題が開発する技術の活用イメージ65【現場】点検作業効率化、(点検代替技術)現場作業員、現場作業(損傷記録など)削減、損傷位置を高精度に記録【事務所】損傷図作成効率化、高精度化損傷図作成効率化、損傷位置を高精度に記録【計測】新たな「ひび割れ進展抽出手法」確立高精度に進展を捉えられれ、新たな計測手法が確立できる国立研究開発法人産業技術総合研究所開発体制研究開発体制実用可能なひび割れモニタリングシステム開発点検効率化点検受託事業拡大コンサルティング事業首都高をじめとするコンクリート構物ひび割れ損傷撮影首都高技術コンクリート構物調査解析および維持管理技術東北大学画像解析技術、異常検出技術および合成処理技術産業技術総合研究所事業化事業化により得られる効果成果NEDOインフラ維持管理・更新等社会課題対応システム開発プロジェクト②イメージング技術を用いたインフラ状態モニタリングシステム開発道路構物ひび割れモニタリングシステム研究開発66- 67 -

元のページ  ../index.html#71

このブックを見る