平成29年度評価委員会(情報・人間工学領域)評価報告書
60/118

国立研究開発法人産業技術総合研究所RotationNetx HoloLens による実世界認識のデモ43・ユースケースのひとつとして実世界認識・検索を想定・AR デバイス「ホロレンズ」の入力画像にRotationNetを適用・ホロレンズの撮影画像から矩形枠の中の物体と姿勢を認識(3次元的認識)して結果をリアルイムで提示・CEATEC 2017 でデモンストレーション展示・今後の展望認識精度・安定性の向上フレームワーク上での実装他のスクへの応用と橋渡し成果実績国立研究開発法人産業技術総合研究所成果事例(2):自律移動ロボットによる長期間の人間行動計測44•日本科学未来館での連続デモ走行をしながら、来館者の移動軌跡デーを収集•延べ20日間、228,472本の人の移動軌跡デーを収集、分析•IEEE 5th International Symposium on Robotics and Intelligent Sensors (IRIS 2017) Best Paper Award成果実績- 56 -

元のページ  ../index.html#60

このブックを見る