平成29年度評価委員会(情報・人間工学領域)評価報告書
51/118

国立研究開発法人産業技術総合研究所重点課題1.ビッグデーから価値を創造する人工知能技術の開発25代表的な成果•実世界に埋め込まれる人工知能の研究開発(目的基礎・橋渡し前期)【人工知能研究センー】–日用品の3次元的認識技術が国際的コンペの2部門で優勝–自律移動ロボットの行動計画と人間計測技術が国際シンポで最優秀論文賞–避難時の人流計測技術がテレビ1社、新聞10社で報道•AI の社会実装を推進する大規模人工知能クラウドの構築(橋渡し前期)【人工知能研究センー】–人工知能・IoT研究開発のための共用計算プラットフォーム(AAIC: AIST AI Cloud)が計算システムの電力性能ランキング「Green 500」で世界3位(空冷のシステムとしては世界1位)•NEC-産総研人工知能連携研究室(橋渡し後期)–企業との大型連携においてシミュレーションとAI との融合技術を開発中•パナソニック-産総研先進型AI連携研究ラボ(橋渡し後期)–企業との大型連携においてより良いくらしと社会の実現に貢献する先進型AI技術を開発中国立研究開発法人産業技術総合研究所重点課題2.産業や社会システムの高度化に資するサイバーフィジカルシステム技術の開発概要ひと、もの、サービスから得られる情報を融合し、産業や社会システムの高度化に資するサイバーフィジカルシステムを実現する統合クラウド技術や軽量でスケーラブルなセキュリティ技術、そこから得られるデーをサービスの価値に繋げる技術などを開発する。26- 47 -

元のページ  ../index.html#51

このブックを見る