平成27年度研究評価委員会(材料・化学領域)評価報告書
45/76

-41-材料・化学領域の萌芽研究プロジェクト49目的基礎研究強化の為、領域戦略部により設定、領域予算を交付今年度21件を採択代表的成果課題「原子番号3以下の軽元素単原子レベル評価」革新的シーズ技術の創出+戦略課題で展開されている研究との連携戦略課題「高度計測技術開発の研究テーマ「構造・元素解析評価手法の高度化」電子顕微鏡法のイメージングとEELS(電子エネルギー損失分光)による元素分析中核技術を開発連携事前自己評価A�ニーズを捉えた成果、革新的技術シーズにつながる成果(例: 電子顕微鏡による軽元素計測→デバイス、電池内部プロセスの「その場」観察に向けたコア技術)が多い。→評価指標「研究開発成果」A�発表論文の被引用数10,275 (実績値)�発表論文数(目標値500 、見込値360 、達成率70 %見込み)IF 値5以上の高いレベルの論文が3割。�テーマ設定の適切性(TRLによる位置付け、外部アドバイザー)の他、知財(質的量的)状況などについても高レベルにある。�目的基礎研究強化のための領域戦略部主導でのマネージメント(萌芽研究プロジェクトを設定:Li単原子計測技術開発に貢献)50(1)「橋渡し」につながる基礎研究(目的基礎研究)の総括

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です