平成27年度研究評価委員会(材料・化学領域)評価報告書
25/76

-21-研究項目研究部門研究センターグリーンサステイナブルケミストリーの推進機能化学研究部門(つくば、中国)部門長:北本大研究職員数:65触媒化学融合研究センター(つくば)センター長:佐藤一彦研究職員数: 32化学プロセスイノベーションの推進化学プロセス研究部門(東北、つくば)部門長:濱川聡研究職員数:52ナノカーボンをはじめとするナノ材料の開発とその応用技術の開発ナノ材料研究部門(つくば)部門長:佐々木毅研究職員数: 50ナノチューブ実用化研究センター(つくば)センター長:畠賢治研究職員数: 13機能材料コンピュテーショナルデザイン研究センター(つくば)センター長:浅井美博研究職員数: 26新たなものづくり技術を牽引する無機機能材料の開発無機機能材料研究部門(中部、関西)部門長:淡野正信研究職員数: 80省エネルギー社会構築に貢献する先進構造材料と部材の開発構造材料研究部門(中部)部門長:田澤真人研究職員数: 659材料・化学領域の研究ユニット(研究職員数はユニット間兼務含む)グリーンサスティナブルケミストリーの推進化学プロセスイノベーションの推進ナノカーボンをはじめとするナノ材料の開発とその応用技術の開発新たなものづくり技術を牽引する無機機能材料の開発省エネルギー社会構築に貢献する先進構造材料と部材の開発戦略課題1-1) 再生可能資源を利用する反応・プロセス技術の開発戦略課題1-2) 化学材料の創製・高機能化技術の開発戦略課題1-3) 光を利用する反応プロセス・材料創製技術の開発戦略課題1-4) 先端化学材料の評価技術の開発機能化学研究部門触媒化学融合研究センター戦略課題2-1) ケイ素化学技術の開発戦略課題2-2) 革新的酸化技術の開発戦略課題2-3) 官能基変換技術の開発・石油から循環型資源への原料転換・バイオと化学技術との融合・高効率かつ低環境負荷基幹・機能性化学品の製造高度利用のための基盤技術開発・特異機能を発揮する新化学材料の開発・用途に合わせた材料の設計/合成/特性評価・機能性塗料やスマート接着剤の開発に注力・LED、ファイバレーザー等新種光源の活用・光による材料への局所的機能付与・反射防止フィルム等、光学特性と機能がリンクした材料/装置開発フレキシブル透明電極CIGS薄膜太陽電池製造装置開発・産総研独自の評価/解析技術パッケージング化1)劣化評価パッケージ2)界面/高次構造評価パッケージ・冷媒の燃焼性・環境影響評価による橋渡し研究実施産総研オンリーワン技術の構築・金属ケイ素を経由しない有機ケイ素原料製造技術の開発・革新的な有機ケイ素部材の開発・触媒技術開発による有機ケイ素部材製造の大幅な省エネ/低コスト化・クリーンな酸化剤を利用した酸化技術の拡充と深化・空気中の酸素を酸化剤として利用・新たな酸化技術を促進する触媒を開発・分子の骨格/官能基等がもたらす物質の特性と機能とに着目・分子の骨格変換/官能基付加/変換による、化学品等製造技術の高度化木質系バイオマス原料からの化学品製造技術開発戦略課題3-1) 化学プロセスの高効率化に向けた反応制御技術の開発戦略課題3-2) 化学プロセスの省エネ化に向けた分離技術の開発戦略課題3-3) 化学プロセスの革新に向けた新機能材料の開発化学プロセス研究部門・高温/高圧/マイクロ流体等の特異反応場制御・微粒子等のモノづくり技術へと展開・製造する材料等に合わせたシステムの最適化と高効率化・分離プロセスへの新概念・新材料の利用を提案・ナノ空孔材料などの利用を検討・プロセス自体の評価も実施し、従来にない省エネ化を実現・目的に応じた最適な化学プロセスの提案に向けた取り組み・無機/複合材料等のナノ構造制御と量産化技術の確立・例えば断熱材の開発と、その量産プロセス技術の開発ナノ材料研究部門機能材料コンピュテーショナルデザイン研究センター戦略課題4-1) ナノカーボン・デバイス材料の製造および応用技術の開発戦略課題4-2) 低次元ナノ複合体による物質・エネルギー有効利用技術の開発戦略課題4-3) 高度計測およびナノ加工・界面制御技術の開発戦略課題5-1) 実用化に資するCNTの合成プロセス・用途・評価技術の開発・デバイス実証と用途探索による、ナノカーボンデバイス実現・高品質化に向けた製造、フィルム化、分離技術等の開発と高度化・複合ナノ粒子/複合膜をコアとした物質、熱、光の吸収と変換、リリース材料の開発・中性子捕捉療法などで実用化・高度な計測技術開発と材料物性評価・プラズマ/マイクロ波等を用いたナノ加工技術の開発・加工と計測技術とでデバイス開発に貢献・CNTの合成から分散・複合化まで、多様な用途を支える共通基盤技術、評価技術の開発・次世代の商業CNTに資するCNT合成技術開発・革新的用途を生むゴム・樹脂・金属との複合化技術開発戦略課題6-1) 無機系新機能粉体合成と高効率製造技術の開発戦略課題6-2) 高次機能部材化及び集積技術の開発戦略課題6-3) 機能融合部材化技術の開発戦略課題6-4)グリーン磁性材料及び機能化技術の開発無機機能材料研究部門・セラミックスや金属への機能付与/発現メカニズムを実証・合成/量産化技術を開発・粒子材料の構造制御と集積化により機能性部材を創製・高温など、耐環境性に優れたデバイス作製基盤技術を開発・ガラスやハイブリッド材が対象・精密成型/加工や材料組み合わせにより高機能部材創製・バルク磁性材料の開発と周辺プロセス技術の実用化技術等の開発戦略課題7-1) 輸送機器用の軽量構造部材の開発戦略課題7-2) 100℃程度までの生活温度領域での熱エネルギー制御を実現する部材の開発戦略課題7-3) 産業分野(広温度領域)での熱エネルギー制御を実現する部材の開発構造材料研究部門・輸送機器軽量化による燃費削減への貢献がねらい・高信頼性軽量構造材/部材化技術/プロセス技術を開発・目的とする温度領域に合わせた熱エネルギー制御材料を開発・材料の組織/相/構造の制御・部材化/高信頼性化/プロセス技術の開発から実用化まで材料・化学領域の戦略課題和周波分光装置の開発高度ナノ計測・界面計測技術調光ミラーシート超高気孔率セラミックス10mmナノクリスタル戦略課題4-4) 材料計算シミュレーション技術の開発ナノチューブ実用化研究センタープレス成形加工した単層CNT/ゴム複合材料スーパーグロース法で得た単層CNTの大面積塗工膜・材料機能を直接計算する新たな計算技術の開発・複合材料を扱うマルチスケール技術開発・ミクロからマクロをつなぐシームレスな計算材料設計手法の構築高分子混合系材料の粗視化シミュレーションデバイス機能シミュレーション高速・低消費電力・高感度・エネルギー自立型デバイスウェアラブル端末フィルムコーティング剤樹脂分散剤エコシップのための船底塗料劣化評価高耐久化独自の評価技術群・陽電子消滅法・MALDI-TOFMS・固体NMR・二次元相関分光機能化学品の信頼性向上砂から有機ケイ素原料製造技術の事業化10

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です