平成27年度研究評価委員会(生命工学領域)評価報告書
40/50

-36-インドDBTとの連携2013年10月産総研にてDAILAB 調印式とオープニング式典インドのバイオリソースを活用した共同研究インドの生命科学クラスターを活用した共同研究DAILAB at DBT 創薬スクリーニング技術DAILAB at AISTイメージング技術DBT –AIST 共同研究ラボラトリー(DAILAB)の設⽴健康・医療産業のイノベーションを目指してインドネシアBPPTとの連携Department of Biotechnology Ministry of Science and Technology Government of IndiaBadanPengkajiandanPenerapanTeknologi、BPPTインドネシア技術評価応用庁(BPPT)と産総研の包括的研究協⼒覚書を締結(2011年2月24日)<健康、⾷、農業に関わる技術開発の連携を推進>�BPPT・AIST・ブリジストンの3者の共同事業の展開(ゴムの木)�研究者の交流(産総研でインドネシア⼈材の育成)�ライフサイエンスに関わる技術開発の連携�1st BPPT-AIST Joint Symposium(2013年11月)�2nd BPPT-AIST Joint Symposium(2014年9月)�3rd BPPT-AIST Joint Symposium(2015年10月)(3)大学や他の研究機関との連携強化国際連携2015年12月インドにて日印首脳会談でファクトシートにDAILAB(デリー)の開設が記載47イノベーションスクール・イノベーションスクール⽣(ポスドク)・リサーチアシスタント産総研イノベーションスクール・リサーチアシスタント等の所内の制度を活用した若⼿⼈材の育成独自の⼈材育成大学・企業との⼈事交流バイオイメージング技術・実技のトレーニング(上、左)バイオインフォマティクス⼈材育成上:講習会、右:e-ラーニング生命⼯学領域独⾃の⼈材育成:専門学校生・大学生から、学際・企業研究者まで、幅広く国内外の⼈材を育成指導雇用(大学5、企業1、研究所3)転出(大学6)(27年度)クロスアポイントメント制度や連携大学院制度の活用により、大学との⼈事交流を推進・専門学校⽣へバイオ実験の基礎から技術・実技のトレーニング(⽣物プロセス研究部門)16名・世界7か国よりドクター学⽣、ポスドクを受け入れ、光学企業と共同でイメージングに関する技術・実技のトレーニングを実施(バイオメディカル研究部門)16名3名6名・理研と共同で講習会、e-ラーニングによるバイオインフォマティクス⼈材育成等(創薬基盤研究部門)324名(講習会)・269名(e-ラーニング)(4)研究⼈材の拡充、流動化、育成・領域内ポスドク総数(イノスク等含む)42名・クロスアポイントメント千葉大学・連携大学院教員北海道大学,東京大学,筑波大学,埼玉大学,金沢工業大学,香川大学,東京農業大学等・大学, 企業等との⼈員異動事前評価の評点:A48667名

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です