平成27年度研究評価委員会(生命工学領域)評価報告書
31/50

-27-抗体のB型肝炎ウィルス(HBV)感染阻害実験・中和抗体取得糖鎖を有する抗原で免疫糖鎖レクチンHBV糖鎖修飾を阻害する分子を発⾒HBV増殖阻害を確認HBV抗体調整糖鎖レクチンを用いた新規HBV解析法を開発HBs抗原アレイを作製患者⾎清中抗体の⾼感度測定に成功新規ワクチンと中和抗体の開発複雑・多様かつ不均一な構造である糖鎖の⾼度な解析技術糖鎖修飾で初めて発現する特異的な機能の解析を可能に創薬産業への情報と技術の⽀援HBV感染を阻害する創薬ターゲットHBVとHBs抗体の新規検出系の開発(2)「橋渡し」研究前期における研究開発糖鎖マーカー開発「B型肝炎を予防・治療するための糖鎖研究」29(2)「橋渡し」研究前期における研究開発生きた細胞の中における「外来DNAの分解」を時空間的に可視化する解析手法を開発30生体分子の構造・機能解析ラスター画像相互相関分光法(ccRICS)•細胞内でのDNA分解活性が外来遺伝子発現効率と負の相関を持つ事を検証•細胞種によって細胞質内のDNA分解活性が異なるという新しい概念の発⾒生きた細胞内における分子間相互作用(結合解離・分解)を可視化細胞内での分子の挙動を考慮した創薬研究を可能にマウス線維芽由来細胞(導入効率:低)ヒト胎児腎由来細胞(導入効率:⾼)生きた細胞内におけるDNA分解活性の可視化従来イメージングccRICS2⾊の蛍光⾊素で標識DNAの状態非分解分解外来DNA

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です