平成27年度研究評価委員会(生命工学領域)評価報告書
23/50

-19-(2)研究開発の概要13課題①創薬基盤技術の開発目的基礎の研究課題橋渡し前期の研究課題橋渡し後期の研究課題�睡眠障害やうつ病、神経疾患等のモデル細胞・動物の作製�癌マーカーやRNA関連タンパク質の構造・機能解析�細胞内における疾患に関連する核酸・タンパク質類の動態変化の解析�世界最大の天然物ライブラリーを用いた天然の活性化合物の精製・同定技術の⾼度化�生物発光等によるイメージング技術と、それを利用した細胞内分子挙動の解析技術の開発生体透過観察可能な電子顕微鏡近⾚外領域で疾患部位を特定する近⾚外分光イメージング分子レベルで観察する生物発光プローブ�イベルメクチンの抗がん剤としての効果の検証生体分子の構造・機能を理解するとともに、得られた知⾒を活用し、新しい創薬技術基盤・医療技術基盤を開発する。コア技術3.生体分子の構造・機能解析•疾患関連遺伝子、タンパク質の同定技術•生体計測のための⾼度イメージング技術•天然物ライブラリーやモデル動物作製によるスクリーニング技術No. 1(2)研究開発の概要14目的基礎の研究課題橋渡し前期の研究課題橋渡し後期の研究課題�皮膚繊維芽細胞から神経細胞や、骨や軟骨、⼼臓の細胞に分化するダイレクトリプログラミング技術の開発�幹細胞の培養・分化制御技術の開発末梢⾎から臨床用iPS細胞の作製幹細胞をから胃を丸ごと作製�幹細胞評価技術の開発および標準化糖鎖を用いた幹細胞評価�⾼機能生体材料、人工臓器開発Organs on a chip�ステルスRNAベクターを利用した超⾼効率iPS細胞作製技術の開発先進医療技術を確⽴するための基盤となる細胞操作技術と医療機器・システムの技術を開発する。さらにガイドライン策定と標準化による幹細胞ならびに医療機器等の実用化を⽀援する。コア技術1.再生医療⽀援技術(細胞操作・誘導技術)•ステルス型RNAベクターを用いた⾼効率な臨床用iPS細胞作製技術•iPS細胞を介さずに各種組織細胞を作製するダイレクトリプログラミング技術•細胞培養装置、診断機器、医療用生体素材等の開発技術•⾼感度レクチンアレイによる幹細胞評価技術課題②医療基盤・ヘルスケア技術の開発No. 1No. 1

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です